血圧測定!測るたびに血圧値が違う理由

血圧計

 
パーソナルトレーニングのレッスンで、運動前に体調チェックの一環で血圧測定を行っています。「もう何年も血圧を測ってないわ〜」、「血圧は気にしてませんでした」と血圧を測る習慣ができて良かったというお客様もいらっしゃいます。

その血圧に関する質問で多いのは、「測るたびに数値が違う」と、血圧の数値が変動することへの疑問です。

確かに、(最高/最低) 130/76、120/71 ・・・・という具合に、血圧値は安定していないように見えます。この機械(血圧計)、壊れてるんちゃうか? と言われてしまう始末。

血圧値が変化するのには、理由があります。

 
1つは、人の血圧は常に変動しているからです。これは、1981年に発表された血圧に関する研究ですが、『人との会話したり、食事をすると血圧値は、平均35前後上昇する』ことが分かっています。ですから、測定中に会話をすると血圧は変動します。

また、測定する時間帯によっても変化します。これは日動変動と言われるもので、起床時や日中の血圧は高くなり、就寝時は最も低くなります。いつ測るのかも考慮に入れる必要があります。

2つ目は、測定中の姿勢、座る椅子の高さでも値が変化してしまいます。意外に気がつかないのは、測定中に手を握ってしまう行為です。この手を握ってしまうだけで、血圧は10くらい上昇します。

このように血圧値は、常に変動しています。また、血圧は体重のように目に見えて(体重が)増えていることを自覚することができません。それだけに、「何で血圧が上がったんやろ〜?」と疑問を抱いてしまうわけです。

大切なことは、測定条件(測定器、時間帯など)を同じにすること。そして自動血圧計で測る場合は、3回測定して平均値をとってください。

では、正しい血圧測定方法(自動血圧計)の動画レッスンをご覧ください。