日本最大のスポーツ&健康産業展示会!スポルテック2018、ヘルス&フィットネスジャパン 東京ビッグサイト

 
大阪のパーソナルトレーナー小林素明です。

 
昨年に引き続き、7月26日に東京ビッグサイトで行われたアジア最大級のスポーツショーの「スポルテック2018」、「ヘルス&フィットネスジャパン」に参加いたしました。

 
今年のトピックとして、

[surfing_su_list_ex icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#f00000″]

  • 筋トレマシンのオートメーション化が目立つ
  • 自走式のトレッドミル(ランニングマシン)の台頭
  • 高強度なサーキットエクササイズが大人気!

[/surfing_su_list_ex]

を感じました。

 

スポルテック2018でも筋トレマシンのオートメーション化が目立つ

 
日本ではテクノジムのマシンが早かったと思いますが、個人データを設定すれば、自動的に自分に合った負荷が設定されて、回数やフォームのテンポまで指示してくれる筋トレマシン。

 
最近では、エクササイズコーチというジムが、このオートメーション化されたトレーニングマシンを使って、店舗展開をされています。(東京、大阪など)

今回のスポルテック2018でも、オートメーション化された筋トレマシンが目立ちました。筋トレユーザーにとってはありがたいことですね。

 

自走式のトレッドミル(ランニングマシン)の台頭

 
スポーツクラブなどにあるトレッドミル(ランニングマシン)は、モーターで回っているベルトの上を歩いたり、走っている光景を目にしますね。

 
それだけではなく、モーターの付いていないトレッドミルがブームです。

 
その背景には、運動する方の年齢層が高くなり、トレッドミルでの安全性、操作ボタンを少なくした使いやすさを求めたところにあると考えています。また、自走式は歩いているという実感が湧くのも事実です。

 

自走式のトレッドミルは、ボタン操作の必要がなく、地面となるベルトを自分の足で動かすことで、歩き始めることができます。外で歩いているのと同じ感覚で、どなたでも簡単に始められる。

複数のブースで自走式のトレッドミルが配置されていて、全て試走をしました。一番気に入ったのは、酒井医療のトレッドミルです。

 

世界最高峰のスーパートレッドミル!ウッドウェイELG

また、酒井医療はスーパートレッドミル「ウッドウェイELG」がありました。

ウッドウェイは、僕が前職で働いていたフィットネスクラブで採用しておりまして、とっても丈夫で運動する人の関節の負担を軽減する特殊なベルトで作られたマシンです。

 
どれだけ丈夫だったのか?ですが、クラブ内で使用頻度が高く、10年以上も使用してもほぼ故障がなかったです。

このウッドウェイの最新版、スーパートレッドミル。めちゃくちゃデカかったです。それだけに、かなりの電気量が必要らしく、展示会当日は電源不足で試乗ができませんでした。残念・・・。

 

高強度なサーキットエクササイズが大人気!

世界的な流れのようですが、高強度のトレーニングが注目を浴びています。高強度の運動は、筋肉量や代謝を高めることで、体力アップはもちろんのこと、体脂肪の燃焼にも効果が高まる。

 
・トランポリン
・バーベル、プレート(重り)
・格闘技
・トレッドミル

などで、複数の運動を休みなく続けて行うサーキットトレーニングが、ブースで行われていました。

 
モデルの中村アンさんも高強度のサーキットトレーニングを行なっていることもあり、まだまだブームは続きそうです。

 

歩行フォーム、姿勢測定、AGE!科学的根拠を目指した計測マシン

 
酒井医療の歩行分析システムです。トレッドミルのベルトにセンサーを埋め込み、歩行時における、足の着地方法やタイミングを分析して、正しい歩行を見るテストです。

 

 
僕も測定してもらいましたが、「いいフォームで歩かれていますね〜。今回の計測では何もいうことがありません・・・。」と嬉しい評価をいただきました。

 
ただ、NECが行なっている歩行分析システムでは、「左右の揺れが気になりますね〜〜」と。

 
やはり、客観的に分析してもらうと、トレーニングの励みになり、モチベーションが自然に高くなります。

スポーツクラブだけでなく、デイサービス、整骨院、サロン、老人福祉施設などにも活用範囲が広がることでしょう。

 

姿勢測定システム

会場内には、いくつかの姿勢測定器が展示されていました。どれも高性能のようです。個々の筋肉の緊張までを推測しているという、まさにトレーナーいらずでした。

 

シミ、シワの原因となる老化度測定「AGE」測定

 
老化を進める原因物質の1つとされていている「AGE」。このAGEは、終末糖化産物と言いまして、強い毒性を持ち、シワなどの老化を早めるだけでなく、動脈硬化、脳卒中などの病気の原因にも。

そのAGEを測定する器具も展示されていました。僕も測定!

 

運動をして健康であれば保険料が安くなる!

 
こちらは、健康診断、ジム通いで最大30%の保険料割引!が売りの住友生命の健康増進型の保険「Vitality(バイタリティ)」の紹介です。

画期的な保険商品です。保険会社さんがスポルテックに参加されたのは初めてではないでしょうか?

 

プールでもエクササイズ!水中トレーニングマシン、エルゴメーター

 
スイミングスクールの老舗JSSが、水中のトレーニングマシンを展示されていました。とってもシンプルな作りで、高齢者の方でも安心して運動ができそうです。

実際にJSSの施設で使っているマシンらしく、量産化に踏み切るところのようです。

 
自転車を漕ぐマシンで、水中では

・速く漕ぐ → 負荷が重くなる
・遅く漕ぐ → 負荷が軽くなる

という特性がありますので、自分の力以上に負荷がかかることがありませんので、安全に運動ができます。

高齢者の方だけではなく、スポーツ選手のリハビリでも活用できます。

 

パーソナルトレーナーも活躍!ボルタリングでエクササイズ

スポルテック2018では、僕のビジネスパートナーである金子至誠氏が、ブースでエクササイズの講師をしていました。


また、屋内でボルタリングができる機材も展示されていました。

 

スポルテック2018、ヘルス&フィットネスジャパンまとめ

 
年々参加者が増え、会場内も大変盛り上がっていました。1日では回りきれないほどの出店数と、内容が充実してきています。

それだけ、日本のスポーツ健康への期待が増している証拠だと思います。

スポルテック、ヘルス&フィットネスジャパンは、健康スポーツがより身近に手軽になれる起爆剤になるのではと思っています。

 

よろしければ昨年のスポルテック2017もどうぞ!

昨年のスポルテック2017の模様です。
 ↓ ↓ ↓
[surfing_other_article id=5710]