1. TOP
  2. 小林素明
  3. スポーツ・フィットネス日本最大の展示会!スポルテック2016に参加 東京ビッグサイト

スポーツ・フィットネス日本最大の展示会!スポルテック2016に参加 東京ビッグサイト

こんにちわ!
パーソナルトレーナーの小林素明です。

本日は、東京ビッグサイトで行われた「スポルテック(SPORTEC)2016」に参加しました。1年に一度の日本最大のフィットネス業界の展示会です。規模も大きくなって、1日で見て回ることができませんでした。

スポルテック(SPORTEC)に来ると、「よし!頑張るぞ〜」とボルテージが自然に上がります。古くは、FBS(フィットネスビジネスショー)でした。(浜松町で定時開催)

今年のスポルテック(SPORTEC)の見どころ

IMG_2281

会場を沸かせていたのは、ボディビルディングの舞台でした。かなりの人だかりで、今までに見られない光景です。

フィットネスでは、よりパーソナル的な指導ができるトレーニングマシンのシステム、トレーニングアイテムがありました。画一的なトレーニング指導からの脱却、より楽しくトレーニングができるプログラムが目立ちました。

 

気に入った!「走る」トレーニングマシン

小林は、走るトレーニングマシンに目がいきます。今回、僕の目に飛び込んできたのは、15秒の2セットで速く走ることができるマシン、そして電源不要のランニングマシン(トレッドミル)です。

速く走るためのトレーニングマシン

ランニング スポルテック2016

ランニング スポルテック2016-1

100m,200mの記録が伸びる!というトレーニングマシン。僕は走りました。胸にパッドを当てて、床を蹴って腿上げを行います。確か15秒くらいを全力で走り、30秒間の休憩を入れて、もう1セット。これだけのことですが、確かに終わった後の走りがラクになりました。

蹴るボードの傾斜に秘密がありそうです。股関節の伸展動作を正確に行えるようにできるようになっています。

自分で動かすランニングマシン

IMG_2307

IMG_2305
時代はアナログに!電動のランニングマシンではなく、脚の力でベルトを回し走るというマシンです。実際に乗ってみたのですが、道路の上を走っているような感覚で、非常に軽くベルトを回すことができます。電動ではありませんので、メンテナンスもグッとラクになります。

 

筋力トレーニングマシン

IMG_2317

IMG_2318

最近は個別情報を入力して、トレーニングをすることが1つのトレンドになっているようです。こちらのテクノジムでも、筋トレを行う時のテンポ(速度)がモニター画面に出てきて、正確にトレーニングが行えるようになっていました。

 

これは面白い! エクササイズアイテム

ユニークなエクササイズ器具を紹介します。思わず、ナニコレ?と唸ってしまいました。

 

ハンモックで姿勢改善??

IMG_2332

 
IMG_2333
ハンモックに寝て、姿勢改善を行うというユニークなアイテムです。かなり揺れていました。

 

ボードの上でヨガ

IMG_2336

 

セグウェイでエクササイズ?

IMG_2354
こちらはセグウェイのようなエクササイズマシン。体幹の意識のことを説明していました。

 

ヒットの予感、ゴルフ飛距離アップ

IMG_2348

IMG_2350

股関節の内旋、外旋を絶妙な傾斜角度でエクササイズができる器具です。非常にシンプルですが、この動作ができるマシンはありません。回旋動作の多い、ゴルフやテニス、野球などのスポーツのパフォーマンスアップに大いに役立つものと感じました。

 

日本ハムの大谷翔平選手が160kmの投球前に使った治療器

IMG_2357

こちらは、プロ野球の大谷翔平選手が使っているという治療器です。ただ、筋肉の疲労回復だけでなく、運動神経に刺激を与えて電気による筋トレが行えるという代物。僕も実際にやっていましたが、大谷選手が自費で購入したのがよくわかりました。即、疲労感が緩和されます。

 

肉体美!トレーニングのデモンストレーション

IMG_2344

常に人だかりができていたブースの1つ。フリーウエイトの販売で、トレーニングのデモンストレーションを行っていました。筋骨隆々のトレーナーがデモンストレーションをするのですから、格好良さに女性の方もたくさん見物に来られていました。

 

メダリスト育成コーチ、ヒロテック

会場で久しぶり再会した友人、意外なものが展示されていました。

オリンピックメダリストを育てたコーチと再会!

IMG_2301

会場で偶然、オリンピック3回出場(内、銅メダル)の水泳選手を育てた松本コーチと再会しました。いつも、行動力には驚かされていますが、今回も東京で展示会、セミナー、視察とフル活動。大阪で行う仕事の打ち合わせまでしてしまいました。

 

トレーニングマシンのメンテナンス!ヒロテック

IMG_2339
ヒロテックの林社長。今回はブースを大きくされています。さすが、伸びている会社は違います。僕も林社長を目指す!を決意しました。

 

マラソン中継のバイクが展示

IMG_2352
なぜか、マラソンのテレビ中継で使っているバイクが展示されていました。普段、お目にかかれないので、興味深々。

 

アメリカ・メジャーの椅子

IMG_2331
座り心地抜群の椅子。歩き疲れていたせいか、やけにこの椅子が気に入りました。クッションが効いています。

 

スポルテック(SPORTEC)2016 まとめ

今回は、かなり見応えのある展示会でした。日本だけでなく、海外からの出店もあったようです。来年もワクワクさせて欲しいと願っております。日本のフィットネス業界が、さらなる発展を目指して!

\ SNSでシェアしよう! /

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
誰にも知られずセンスのいい経営者、講師になれます

厚い胸板はスーツをカッコよく着こなせる!周りからも一目置かれて、仕事やプライベートでも自信がつきます!



年齢問わず、男性の厚い胸板はカッコイイですよね~。女性からも見ても「たくましい肉体」は憧れの的!

女性から見た「胸板の厚い男性」について
 



 ・「男らしい感じがするから。いざというときに守って貰えそう」(24歳/専門職) 

 ・「男らしくて素敵だなと思うから」(29歳/専門職)

 ・「胸板が厚いほうが男性らしくて好き」(31歳/専門職)


 
というアンケート結果結果が出ています。 ※マイナビ・ウーマン Webサイトより引用

 
厚い胸板は、モテる男の象徴といっても過言ではありませんね。

胸板を厚くすることで

 
・スーツの着こなしが格段にレベルアップする

・第一印象が大きく変わり、人から頼りになりそうと見られる

・異性からの視線を感じるようになる

・洋服がカッコよく決まるようになる!

・周りから一目置かれる存在になる

・「すごい筋肉ですね~」と話題の中心になれる

・薄着の「夏」が待ち遠しくなる

・対人関係に自信が持てるようになり、仕事もはかどる

・チャレンジ精神が旺盛になる

・若々しく、健康的な印象を与えることができる

 
など、挙げればきりがないほどのメリットがあるのです。
 

厚い胸板は、女性の憧れの的なのです。


 

↓ ↓ ↓ 詳しくはこちらをクリック ↓ ↓ ↓



ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴26年、健康運動指導士、介護予防運動トレーナー、パーソナルジム「どこでもフィット」運営(大阪市阿倍野区)。
40歳からの体のお悩みに特化した個人指導、分かりやすい指導法で定評があり、年間レッスン数は1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。出版社より30作品を超えるDVDを監修。
また、YouTubeでは登録者数1万人超、再生回数900万回超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 前脛骨筋!足首の疲労回復、むくみ解消、脚のリフレッシュに!前脛骨筋の足首ストレッチ体操【永久保存版】

  • 腰痛体操、若返り健康体操の講師を務めました!平和堂ほけんあるプラス(大阪府寝屋川市)2018年6月25日

  • 無料で走れる!腰、膝にやさしい!女性にも安心!大阪森ノ宮キューズモールのエアトラックBASEでランニングしてみた

  • 理想の走りでボルト、カールルイスに!東京大学スポーツ先端科学QOMジムでのトレーニング 2018年

関連記事

  • すべてのアスリートに勧めたい【スラックライン】に挑戦!スポーツコンディション球武

  • 4/24自重トレーニング、ペアストレッチ パーソナル指導者養成セミナー(大阪/スポーツコンディショニング球武)

  • パーソナルトレーニング!意外に知られていない仕事の現場 「ごみ収集車」を見て感じたこと

  • フットネスクラブ(ロサンゼルス)!二人掛かりで会員のセールスを受ける アメリカ武者修行

  • 5/8(日) 好きな仕事で独立開業!パーソナルトレーナー、パーソナルジムで5年以上活躍する方法 【大阪市中央区】

  • 片言英語で質問をしまくる!アメリカでパーソナルトレーニング受講 体験記