1日20分!年間4キロの体脂肪に相当、パーソナルトレーニング指導のレッスン現場より

こんにちわ!
大阪のパーソナルトレーナー 小林です。

昨日のレッスンでのことです。

「うわ〜、増えてる〜。えっ、なんで??」と、お客様が体重計を見て、絶叫されました。前回のゴールデンウィーク前の体重から、1.5kgの増加です。

お客様ご自身では、食べる量は増えてないのに・・・、という思いがあったそうです。さて、どうしてでしょうか?

 

体重が増えた原因を考えてみる

小林 「食べてる量は変わってないのですね。ゴールデンウィーク中に特に変わったことはなかったですか?」

お客様 「用事で近くに出かけたり、午前中に会社に行ったりしてました。」

小林 「ということは、動く量は少なかったですか?」

お客様 「あ〜、そうですね。家に居ることが多かったです。」

小林 「それが原因かも、ですね。」

1日くらいでしたら、それほど体重に変化はないかも知れませんが、数日間の活動量が減ると、徐々に体重は増えていきます。

ここで重要になるのは、「活動量」です。

活動量とは、筋トレや有酸素運動など運動も含まれますが、歩いた距離、階段を登るなどの日常生活での活動です。

 

1日20分の歩行は、1年で4kg分の体脂肪に相当!

体重計 

 
体重のコントロールは、ランニングなどの有酸素運動はとても有効です。しかしながら、いつもランニングができるとは限りません。

そこで体重の維持に役立つのは、毎日の歩行なのです。「毎日」であることがポイントなのです。

仮に通勤などで駅まで「片道10分(往復で20分)」毎日歩いてる場合

・1ヶ月で 600分( 10時間)
・1年で 7200分(120時間)

消費カロリーは、<体重60kgの方の場合>

・1ヶ月 →  2,400キロカロリー
・1年  → 28,800キロカロリー

なんと、1年で体脂肪4kg分に相当します。1日20分に歩行の効果です。これが継続の凄さです。

 

携帯、スマホの歩数計を活用しよう!

スマホ、Mac1

 
誰でも、毎日と言われると「大変だなぁ〜」と思ってしまいます。そこで、無理なく歩行を続けるために歩数計をお勧めします。

最近は、スマホのアプリ、携帯電話で標準機能として付いています。かなり機能も優れていまして

・1日の歩数
・いきいき歩数 (しっかり歩き)
・1日の消費カロリー

などが、一目でわかります。特に見て欲しいのは、「1日の歩数」です。この歩数こそが、1日の活動量を決定づけるといっても過言ではありません。

まずは、5千歩を目指してください。1万歩はややハードルが高いです。

なぜならば、1000歩を歩くのに10分間の時間を要するからです。1万歩ですと、100分間です。毎日ですから、1万歩は厳しいと思います。これは徐々に増やしてください。

体重のコントロールは、1日の活動量(歩数)からです。早速、始めてみましょう!

 
【関連記事】トレーニングを始める前に知っておきたい7つの法則

知らないと損をする!筋トレ成功の7つの法則

 

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら