ストレッチポールで背中、肩こり解消、姿勢改善!肩甲骨をゴリゴリする運動法

こんにちわ!
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

デスクワーク中心の方、ストレスを感じてる方、肩こり解消、背中の張りの解消をしたい方にお勧めのストレッチポールの運動法です。

僕のジムのお客様から「こんな使い方があったの?」と言ってくださります。なぜならば、肩甲骨まわりがゴリゴリと音が鳴って、体だけでなく気持ちもスッキリするからです。僕も空いた時間にストレッチポールやってます。

それだけでは、ありません。姿勢改善にも効果的で、背すじがピンと伸びた姿勢になれますよ!

 

肩甲骨ゴリゴリ!ストレッチポール

<方法>

1 ストレッチポールを身体と十字になるようにおきます

2 背中をストレッチポールを当てて、両膝を曲げておきます

3 頭の後ろに手を添えて、お尻を浮かせます

4 ストレッチポールが肩甲骨を縦断するように、身体を上下に動かします

5 自然呼吸を行いながら、10往復行います

上の運動動画(YouTube)を御覧ください。

【応用編】

1 背中をストレッチポールを当てて、両膝を曲げておきます

2 頭の後ろに手を添えて、お尻を浮かせます

3 右の肩甲骨だけに当たるように、左肩を浮かせます

4 右の肩甲骨を中心に身体を上下に動かし、ゴリゴリします

5 自然呼吸を行いながら、5往復行います

6 反対側も同様に行います

 

ストレッチポールは万能の身体ほぐし

2016pole

ストレッチポールは、筋肉の凝りをほぐすのに最高の運動器具です。凝りの原因となっている、筋肉と筋肉の膜の癒着(ゆちゃく)を緩和させ、血行も良くしてくれます。

特に肩甲骨まわりの凝りは、自分では手が届きませんので、誰かにマッサージしてもらわないと、筋肉をほぐすことができません。

ストレッチポールは、手の届かない肩甲骨まわりの筋肉をほぐしてくれるのです。しかも、自分の体重をしっかりと使いますので、強さも十分です。

 
そして、身体をゆっくりと動かすことで、凝っている筋肉にしっかりと効かせることもできます。

何と言っても、筋肉の凝りがほぐれると、姿勢改善効果が現れます。なぜならば、身体の歪みは、筋肉の凝りが原因になっていることが多いからです。

肩こり解消、背中こり解消、ストレス解消、姿勢の改善ができるストレッチポールは、気持ちが良いので習慣にしやすいです。

起床時、就寝前にお勧めです。1日1回から、肩甲骨ゴリゴリ!を始めてみましょう。

 
●お勧めしたい記事です

姿勢改善、骨格矯正の筋トレ!3つの黄金のルールとは

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら