関西医科大学健康科学センター地域医療連携会に参加!AED、心理

こんにちわ!
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

昨日は、僕が所属している関西医科大学健康科学センターの地域医療連携会に出席しました。(関西医科大学付属枚方病院にて)

日頃、運動療法に関わっている、医師や栄養士、臨床心理士などの医療関係者、フィットネスクラブ関係者、トレーナーの方々が一堂に集まりました。

事例発表、特別講演があり、活発な意見交換があり、僕にとっては大変有意義な時間を過ごすことができました。

同じ運動でも、医療からの視点、トレーナーからの視点でこれだけ違うのか?と思い知られれました。

 

大阪マラソン、東京マラソン!AED(自動体外式除細動器)が大活躍

マラソン 足元 シューズ ウエア
特に興味深かったのが、昨年の大阪マラソンで、心肺蘇生機であるAED(自動体外式除細動器)が3台稼働したこと。そのAEDで、その3名の命が救われたことです。

東京マラソンは更に稼働していたとのことです。もちろん、医療体制の充実ぶりも影響したとは思いますが、改めてAEDの大切さを認識いたしました。

 
僕のパーソナルジムでもAEDを配置しております。

AED 自動体外式除細動器を導入しました!大阪パーソナルジム どこでもフィットネス

 

症例発表で目立った運動による筋肉量の維持効果

プランク 女性 姿勢改善

病院外来で来らる方は、治療中にどうしても活動量が低下して、筋肉量も低下します。それによる弊害もあり、いかにして筋肉量を維持して、活動量を増やすか、がポイントになります。

運動負荷試験などの運動許容テスト後に、運動(筋トレ、ストレッチ、有酸素運動)を実施することで、筋肉量が増加、維持できることが幾つかの症例発表がありました。

この際の運動の開始時期、運動強度、時間などの運動処方が重要です。

あとは、30kgほどの減量に成功し、歩行障害が改善したという、素晴らしい症例もありました。改善されたご本人さんは、人生が楽しくなったのではないでしょうか。

 

心理カウンセリングで減量に成功

臨床心理士さんからの発表で、面談による減量指導で、減量に成功した事例もありました。個別に心理診断をして、良い面を伸ばすという方法で、やる気を高めることができます。

僕のようなパーソナルトレーナーも、心理面でのサポートが必要なので、現場でも活かせそうな症例でした。

 
主な症例発表
・マラソンにて意識消失Vf認めるもICD希望せず運動継続中の一例
・腎移植後も運動療法を継続できた一例

・心理カウンセリングにより良好な減量できた一症例
・肥満外科の明と暗 ~減量にて歩行障害まで改善した1例 vs 減量停滞期を伴う1例~

特別講演
肥満・糖尿病治療への新たなオプション -腹腔鏡下スリーブ手術-

 
●年齢に合ったトレーニング法を!

イチロー選手から学ぶ、40代のフィットネス成功のコツとは?

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら