黒柳徹子さんに学ぶ!自宅運動、筋力トレーニングを習慣化する方法

バランスボール133

 
大阪のパーソナルトレーナー小林素明です。

82歳の黒柳徹子さんは、まだまだ現役!2日前にネパールから帰国して、「第32回浅草演芸大賞」の授賞式に参加。(Yahoo!JAPANニュースより)

本当にお元気ですよねー。

黒柳さんの元気の秘けつは何ですか?と授賞式での質問で、

寝る前のヒンズースクワット 50回! と。

しかも、このヒンズースクワットは元プロレスラーの故・ジャイアント馬場さん直伝とのこと。

この黒柳さんの「寝る前のヒンズースクワット 50回!」に筋トレを習慣化するキーワードがあります。

 

筋トレを習慣化する3つのキーワード

ダンベル800 2016

 
筋トレを習慣化するには、決めること!が重要です。ただ漠然と「運動しなきゃ〜」では、運動は続きません。

ときかく行動を起こすには、決めることが先決。でも無茶な計画はダメなんです。

黒柳さんは、3つのことを決めています。この3つが筋トレ習慣化の秘けつです。

1 いつ、筋トレをするかを決める!

2 筋トレの種目を決める!

3 筋トレの回数を決める!

 

1 いつ、筋トレをするかを決める!

いつ、筋トレをするのか? を決めることは重要です。いつ、歯磨きをするのか?と同じくらい。「いつか、歯磨きをしようかなぁ〜」というひとはいませんね。

歯磨きの時間は、決まっているはずなのです。食事の後、起床後、寝る前、という具合に。そして、毎日。

黒柳さんの場合は、「寝る前」と決めておられます。決めるとやります。

※筋トレの時間帯は、身体が動きやすい日中(15〜17時)がベストです。働いている方は、そうはいきませんので、運動しやすい時間帯を選択します。

 

2 筋トレの種目を決める!

どんな筋トレをするのかは重要。1種目でしたら、黒柳さんの脚を強化するスクワットが最適です。なぜならば、日常生活で老化しやすい筋肉が脚に集まっているからです。

立つ、歩くという動作は、毎日しますのでスクワットで、脚の筋肉を鍛えておくことは、老化予防に大変有効です。

また、黒柳さんの場合は、ジャイアント馬場さんに教えてもらったことが良いのです。スポーツのプロの方に直接、教わったことは忘れません。だから続くのです。

 

3 筋トレの回数を決める!

回数とは、1つの目標となります。黒柳さんの場合は、50回。50回といえば、いきなり重荷になりますね。

その場合、50回を分割するのです。25回を2セットするとか。ただ、はじめは10回を目安にする方が良いです。

この回数を決めると、筋トレの時間が見えてきますね。これが大切なのです。時間になおすと、2分間とか。

 

最後は、手帳に書く!

ペンで書く20160318

 
筋トレの内容が決まれば、あとは手帳に書いてください。

・15時に スクワット 20回

という具合に。

はじめのうちは、やったらカレンダーに「マル(◯)」をしていくと習慣になりやすいですよ。

手帳の他には、筋トレメモの付箋
・冷蔵庫に貼る
・デスクに貼る

という方法も良いですね。
 

 
今日はここまで。
またお会いしましょう!

 
【 あなただけのオーダーメイドの筋トレメニュー!パーソナルトレーニングどこでもフィット 】

 

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら