お風呂上りに簡単!20代から始める!老化予防、痩せる股関節ストレッチのやり方

OL

 
大阪のパーソナルトレーナー小林素明です。

昨日の食事会で、社会人2年目の女性(20代)からこんな話を聞きました。

「最近、腰が痛くなるのですよ〜」と。

まだ、社会人2年目ですよ。聞くところによると、デスクワークが中心とのこと。

ズバリ言いましょう。

20代から老化は、始まっています。

若いから・・・、と言って油断をしていると老化を早めるだけです。

 

20代からの老化予防!何をすれば良いのか?

女性 ストレッチ

 
社会人になると、圧倒的にじっと座っている時間が長くなります。座っている時間が長くなればなるほど、骨盤は固定されて、股関節が硬くなります。

その結果、腰痛を招くわけですが、まだ深刻なことがあります。

それは、股関節が硬くなることで、歩いているときの歩幅が狭くなるのです。ヨチヨチ歩きのような感じになります。

歩幅が狭くなることのデメリット

1 歩く速度が遅くなる

2 すぐに疲れる (やがて、運動不足)

3 代謝が下がり、太りやすくなる

4 歩き姿勢が、老けて見られる

歩幅が狭くなる、これが老化の始まりなのです!

 

20代から始める老化予防ストレッチ 歩幅を広げる!股関節ストレッチ

股関節ストレッチ2段階1

股関節ストレッチ2段階2

股関節ストレッチ2段階3

 

デスクワークをされている、すべての方にお勧めしたいです。それは、股関節ストレッチ。

<方法>

1 足を前後に開きます

2 背筋を伸ばし、太ももに両手を当てます。

 【伸びる筋肉】 前足の「お尻」、後ろ足の「太もも付け根」

3 「2」の状態で、自然呼吸で20秒間静止します

  ここからが効きます!

4 体を前に倒して、前足の下に手を入れます

5 さらに股関節が伸びます

6 自然呼吸で、20秒間静止します

7 反対側の足も同様に行います

 

動画レッスン! お試しください

 

股関節ストレッチは、痩せるストレッチにもなる!

温泉

 

老化予防の股関節ストレッチは、歩幅を広げる効果、全身の疲労回復、代謝アップ、姿勢の改善、下半身の血流アップに効きます。

股関節が柔軟になれば、普段の歩いているときの消費カロリーもアップします。

ですから、痩せやすくなるのです!

このストレッチはお風呂上りにできて、しかも簡単です。股関節をグイグイ伸ばしてくれます。ぜひ、動画レッスンでお試しくださいね!

 

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら