ダンスのパフォーマンスアップで、失敗しないための体力養成法

ダンサー二人組

 
「これ、発表会のダンスです。」とお客様が、スマホ撮影した動画を見せてくれました。動画は、ダンスの先生が見本として踊っています。動画を見れば、ダンスの動作が一目瞭然ですので、どんな体力を養えば良いのかが明らかになります。

そのダンスの動画を拝見してますと、音楽に合わせて足を上げたり、クルッと回転したりと、なめらかなの動きです。凄いなぁ〜と、見とれてしまいました。

それもそのはず、その先生(ペア)は、ダンスの世界選手権で準優勝!を経験。それは上手過ぎるはずです。それだけに、非常に動きが分かりやすかったです。^ ^

お客様は、夏にダンスステージ(アルゼンチンタンゴ)で最高のパフォーマンスが発揮できるように練習、トレーニングに励んでいます。

 

スポーツトレーニングの盲点

意外に見落としなのが、競技に要する時間です。今回のステージは、ちょうど3分間。大切なことは、この3分間を踊れるだけのスタミナがあるかどうか?です。

どうしても、技術の向上のためのパフォーマンスアップに目が行きます。しかしながら、競技の時間中、良いパフォーマンスを維持しなければいけないのです。途中でスタミナ切れ・・・、では全てが台無しです。

すべてのスポーツに共通して言えることですが、競技のためのスタミナづくりは、最優先で行うべきです。わかりやすいのは、マラソンです。マラソンをされている方は、ベストタイムと同等の時間走(ゆっくりペース走)が必要。

では、ダンスの場合はどうか?

ダンスの華麗さを表現するには、身体のブレをなくし、動きのムダがないようにしないといけません。身体のブレをなくすには、体幹トレーニングが適切です。

例をあげますと、体幹トレーニングで有名な「プランク」を60秒間を2セット。休憩は15秒、と設定します。

競技スポーツのパフォーマンスアップには、筋力や柔軟性だけでなく、持久力のスタミナ養成も欠かせません。

 

【 ダンスの体力養成ならスポーツトレーニングコース 】

 

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/徳島県教育委員会 /箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/SSK /八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら

大阪市阿倍野区パーソナルトレーニングどこでもフィット