デスクワークをされている方へ「1分間の骨盤運動があなたの腰を守ります」今からできる腰痛予防!

女性 デスクワーク3

 
「教えてもらった体操やってます。そのせいか、最近は腰の調子がいいのですよ〜」と、お客様(女性)から嬉しい報告をいただきました。

ご報告くださったお客様、運動を始めるきっかけは「腰痛解消」。デスクワークが多いとのことでしたので、腰まわりの筋肉をほぐす「1分間の腰痛予防!骨盤エクササイズ」を紹介しました。

・デスクワーク中、30〜60分に 1回

という指示つきです。

そんなに頻繁にしないといけないの?と思われるかも知れません。ところが、座っているときの腰の負担を考えると、頻繁とも言えないのです。

 

座っているとき、ドスンとくる腰の負担

腰の負担は、仰向けで寝ているときが一番少なく、立つ → 座る という順で負担は増します。では、どのくらいの負担がかかっているかと言いますと、
 

・仰向けで寝ているときの「5.5倍」
・立っているときの「1.4倍」

です。座り続けることは、腰には相当な負担がかかっていることが分かりますね。

だからと言って、座るのはいけないのか?というのは間違いです。なぜならば、座ることが問題ではなく、【座りっぱなし】に問題があるからです。

 

腰痛予防は、同じ姿勢を長時間繰り返さないこと

どの姿勢においても腰の負担がゼロになることはなく、長時間、同じ姿勢を繰り返していると、腰には良くありません。

腰に良くない理由は、

1) 同じ姿勢を長時間繰り返す
2) 骨盤は動かずに固定のまま
3) 腰まわりの筋肉の血行不良
4) 筋肉が硬くなる
5) 腰痛になる

という、悪循環に陥るからです。姿勢によって、痛みが現れるのが「早いか、遅いか」の違いがあるだけです。

マッサージや腰痛ストレッチも大切なのですが、腰痛を誘発している原因となる長時間の「座りっぱなし」「立ちっぱなし」を断ち切ることがもっと大切です。

その断ち切る手段が、腰痛予防の骨盤エクササイズなのです。たった1分間でも効果がありますので、ぜひお試しください。

ではレッスン動画を御覧ください!

 
【 腰痛予防のパーソナルトレーニング 】

 

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら