腰痛予防法!短時間で一生使える正しい腰痛予防の姿勢、荷物の持ち方をマスターする

こんにちわ!
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

ほんの少しの姿勢の変化で、腰の負担が増します。

例えば、頭を下げてお辞儀(20度)をする。
これだけでも、真っ直ぐ立ってるときに比べて
腰の負担は1.5倍に跳ね上がります。

その証拠に、腰痛のときには、
ものを取るために手を前に伸ばしたり、
前にかがんだりする動作は、腰に激痛が走ります。

腰痛のときは、真っ直ぐにしている方がラクなのです。

普段はあまり気づきません。なぜならば、痛くないかららです。
しかし、日常生活では知らず知らずに腰に負担をかけているのです。
その負担が満杯になったときにギックリ腰、腰痛として現れるのです。

 

美しい荷物の持ち方で腰痛予防と若返り

腰痛予防には、体幹を意識した荷物の持ち方を
マスターすることが、近道です。
この持ち方は、見た目も美しいため「美しい荷物の持ち方」とネーミングしています。

この美しい荷物の持ち方は、

・腰の負担を軽減(腰痛予防)
・自然に股関節まわりの正しい鍛え方がマスター
・姿勢が良くなり若返る

という効果が期待できます。

なぜ、このような効果が期待できるかと言いますと
美しい荷物の持ち方そのものが、正しい筋トレの基本フォームだからです。

正しい筋トレのフォームは、
関節に負担をかけず(安全)にたくさんの筋肉が鍛えられますので、
代謝アップなどの筋トレの効果が加速するわけです。

荷物を持つときに正しい筋トレができる!
これが美しい荷物の持ち方のメリットです。

ちなみに悪い姿勢で荷物を持つと
美しい荷物の持ち方に比べて
1.6倍の負担が腰にかかります。

 

悪い姿勢は腰痛を招きます
荷物腰痛1

 

美しい荷物の持ち方(一生使える腰痛予防法)

荷物腰痛4
荷物腰痛5
荷物腰痛2
荷物腰痛3
荷物腰痛6

 

方法

1)荷物は身体の「正面」で「近づける」
2)背中を真っ直ぐに伸ばす
3)膝を曲げる
4)息を吐きながら、ゆっくりと持ち上げる
5)常に背中は伸ばした状態

動画レッスンもご覧ください。

 

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/徳島県教育委員会 /箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/SSK /八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら

大阪市阿倍野区パーソナルトレーニングどこでもフィット