スキージャンプの高梨沙羅選手から学ぶ、スポーツで鍛える体幹トレーニングの手順

スクリーンショット 2016-01-21 12.13.03

 
スキージャンプの高梨沙羅選手が、テレビCMの中で、
腕立て伏せの姿勢から、体を左右に捻り、
片手ずつ天井へ伸ばす体幹トレーニングをしています。

偶然にも、ゴルフをされているお客様の
トレーニングメニューの中にありまして

「この体幹トレーニングって、
高梨沙羅さんがCMでやってますよね!」

と、そのお客様から教えていただきました。

この体幹トレーニングは、ゴルフ飛距離アップに
必要なブレない体をつくるための一環として
行っています。多くのスポーツで役立つ筋トレ。

※「クラレ」のテレビCMで高梨沙羅選手が
紹介する体幹トレーニングを行っています。
 

高梨沙羅選手も行っている体幹トレーニング

 
体幹トレーニングは、ブレない身体づくりで
「ムリ、ムダ、ムラ」のない身体の動かし方
マスターし、スポーツのパフォーマンスを高めます。

腕や脚を鍛えることも必要なのですが
動作のパワーの源は、体幹にあります。
ここを鍛えなければ、怪我も多くなり、良い成績は残せません。

はじめの段階では、両肘をつき、爪先立ちなり
静止しながら体幹を鍛える「プランク」で
トレーニングを行います。
 

体幹トレーニングの基本 プランク

 
その後に、高梨沙羅 選手が行っている
身体を動かしながら、体幹を鍛える方法に移行します。
体幹トレーニングには、手順が大切です。

 

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー小林素明

小林素明

創業12年のパーソナルトレーニングどこでもフィット代表(大阪市阿倍野区)

健康運動指導士/介護予防運動トレーナー

運動指導歴29年超、テレビ出演多数、1万人超のパーソナルトレーニング指導実績、YouTubeチャンネルは登録者数1万人超。ハワイ州立大学医学部の人体解剖学実習に参加、医療機関との連携も図り、安全かつ効果的なトレーニング法を研究。

フィットネスクラブ、温浴施設に17年間勤務後、起業。「加齢に負けない筋肉づくり」「日常生活やスポーツの動作改善、パフォーマンスアップ」を得意とし、80歳代の方までの自重トレーニング指導。病院をはじめとする医療機関、教育機関、不動産会社などで講演・講師活動。パーソナルトレーナー指導者養成講座の講師も務める。

【テレビ出演】 毎日放送「ちちんぷいぷい」/朝日放送テレビ「キャスト-CAST-」/読売テレビ「ten.」/テレビ朝日「ナニコレ珍百景」/読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」/サンテレビ「4時!キャッチ」他

【講演・講師】 一般財団法人関西労働保健協会/経済産業省ヘルスケアサービス社会実践事業「医療運動マッチング対応トレーナー育成講習会」/箕面市立病院/日本臨床運動療法学会(第36回)/ファインレジデンス枚方香里園(京阪電鉄不動産)特別講師/八尾市教育委員会/岸和田市民病院/南河内環境局組合 他多数 (敬称略)

小林素明の詳しいプロフィールはこちら