デスクワークストレッチ 腰の疲れを吹き飛ばす方法★イチローストレッチ

スクリーンショット 2016-01-19 11.24.33

 

デスクワークでは、背骨や骨盤が固定されて、
その周りにある筋肉が硬くなってしまいます。
そのため「首」「肩」「腰」に凝りが発生。

長時間のデスクワークも問題ですが、
それよりもデスクワークをしている
【期間】の方が深刻です。

それは、デスクワークの期間が
1年より3年、3年より5年と長ければ長いほど、
筋肉の凝りは酷くなるためです。

とは言うものの、
デスクワークは避けることはできませんから、
凝り解消の対策が重要となります。

ここで、私がデスクワーク中できる
オススメのストレッチ、ベスト1を紹介します。
正しくストレッチすると腰の疲れが吹き飛びます。

 

デスクワークストレッチ(股関節ストレッチ)

デスクワークストレッチは、
座りながらできる股関節のストレッチです。
別名、イチローストレッチ。

大リーグのイチロー選手がよくやっている
股を開いて体を捻るストレッチ法です。

デスクワークで硬くなった
腰、股関節がグイグイ伸ばされます。
太ももの内側(内転筋)もグイグイと。

これが骨盤に効いてくれます。
また、肩甲骨周りも刺激されます。
肩こり解消にも良いわけです。

ポイントは
1)足をしっかりと開く(できる範囲で)
2)膝の内側を手で押す (内転筋が伸びます)
3)ゆっくり大きく体を捻り、腰を伸ばす
4)自然呼吸で30秒間静止する

女性の方へ 体を捻るだけでも効果があります。

では動画レッスンをどうぞ!