大人の筋トレ、有酸素運動でやってはいけないこと

ジム トレッドミル

 
大人になってからの運動で気をつけてほしいこと。
それは、運動中の呼吸です。

呼吸を止めて筋トレを行いますと

1)血圧が一気に上昇、血管に負担
2)運動中の動きが小さくなる

という身体のデメリットがあります。

 
1)血圧が一気に上昇、血管に負担

正常の場合、最高血圧は120くらいですが
階段の昇り降りをする運動でも
血圧値は180まで上昇します。(プラス60)

ところが、呼吸を止めてしまうと
さらに血圧は上昇してしまうのです。
少なくとも、20〜30位は上昇するでしょう。

ちなみに排便(和式)、咳は
血圧値を平均80前後、上昇します。
血圧は200超となりますね。

若い頃の血管は、柔軟性がありますが
年齢を重ねるとともに血管は硬くなる
傾向にあります。(動脈硬化)

大人には、この血圧上昇は
血管にはかなりの負担となります。

 
2)運動中の動きが小さくなる

運動中に呼吸を止めてしまうと
全身に力が入り、大きな動きができません。

体脂肪は、筋肉の運動を繰り返すことで
筋肉の中にあるミトコンドリアで
燃焼されていくのです。(有酸素運動)

呼吸を止めた運動は、筋肉が動かずに
心臓ばかりに負担が増してきます。
ドクドク、ドクドクと。

大人の運動では、呼吸を止めないこと。
これを怒責作用(どせきさよう)と言いまして
血圧を最も上げてしまう危険な行為です。

では、ここで呼吸の練習を行いましょう!

 
運動中の呼吸の練習
1)鼻から息を吸う (3秒間)
2)口から息を吐く (3秒間)
3)1〜2を10回繰り返す

動画も用意しました。ご覧ください。
https://youtu.be/tl2riCiAy0E?t=3m24s