1. TOP
  2. ジョギング
  3. ランナー必見!スポーツ前のストレッチで気をつけること

ランナー必見!スポーツ前のストレッチで気をつけること

マラソン

 
今年の箱根駅伝、
青山学院大学が連覇を果たしました。

ご存知ですか?青山学院の体幹トレーニング
書籍まで出ています。

体幹トレーニングだけでなく
正しいストレッチ法まで掲載。
ランナーの方には必読書と申し上げます。

そのストレッチ法です。
スポーツの練習前後で使い分けていますか?

 
ストレッチは、正しく行えば

・関節の可動域を広げる
・怪我(運動障害)を予防する
・競技のパフォーマンスを高める

という効果があります。

なぜ、スポーツ前後でストレッチを
使い分ける必要があるのか?と言いますと

 
・身体が動かしやすくなる(スポーツ向き)
・身体がリラックスする (疲労回復向き)

やり方次第で、この2つの効果に
分かれるからです。

この分かれ道が、ストレッチの時間にあります。
1つのポーズに30秒以上かけると
筋肉がリラックスすることが分かっています。

そのため、30秒以上のストレッチは
筋肉の緩みから、スポーツ中に関節の負担が増え
怪我の危険性も出てます。

怪我の予防のためにストレッチをしたのに
怪我の危険があるなんて・・・。
そんなバカな、となってしまいます。

では、どうすれば良いのか?

 
<ストレッチの使い分けの方法>
スポーツ前: 20秒間のストレッチ
スポーツ後: 30秒〜60秒のストレッチ

 
という具合に、スポーツ前後で
ストレッチのホールド時間を変えるのです。
ポーズは同じで構いません。

 
マラソンの場合は、長時間の運動となるため
ストレッチの熟練度が、タイムの良し悪しを
左右します。

ストレッチのフォームも大切ですよ。

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴26年、健康運動指導士、介護予防運動トレーナー、パーソナルジム「どこでもフィット」運営(大阪市阿倍野区)。
40歳からの体のお悩みに特化した個人指導、分かりやすい指導法で定評があり、年間レッスン数は1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。出版社より30作品を超えるDVDを監修。
また、YouTubeでは登録者数1万人超、再生回数900万回超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 腰痛予防、猫背改善、柔軟性アップに!フォームローラーの使い方 疲労回復マニュアル

  • 日本最大のスポーツ&健康産業展示会!スポルテック2018、ヘルス&フィットネスジャパン 東京ビッグサイト

  • 前脛骨筋!足首の疲労回復、むくみ解消、脚のリフレッシュに!前脛骨筋の足首ストレッチ体操【永久保存版】

  • 腰痛体操、若返り健康体操の講師を務めました!平和堂ほけんあるプラス(大阪府寝屋川市)2018年6月25日

関連記事

  • トレーニングは40歳から!まだまだ頑張るメジャーリガーが証明

  • ジョギングをスグに止めてはいけない理由

  • ちょこっとランでヒップアップ!足腰が強く!キレイな姿勢フォームに!坂道ダッシュトレーニング法

  • テニスを始めて3年未満の方に知ってほしい!テニス上達のための肩のトレーニング法

  • すべてのアスリートに勧めたい【スラックライン】に挑戦!スポーツコンディション球武

  • スキージャンプの高梨沙羅選手から学ぶ、スポーツで鍛える体幹トレーニングの手順