1. TOP
  2. ジョギング
  3. ジョギングをスグに止めてはいけない理由

ジョギングをスグに止めてはいけない理由

ジョギング男性

 

今日も、5km走ったぞ~、と
そのまま運動を終わってしまう・・・。
コレ、危険です。

なぜならば、
年齢問わず息がつまる、腕がだるくなるなど
狭心症の症状が現れることがあるからです。

特に血圧が高い方はご注意。

運動中は、血液が心臓から全身に送り出されます。
ジョギングであれば、安静時の2〜3倍の
10〜15リットルくらいが全身に流れます。

しかし、全身に送り出された血液は
心臓に戻ってこないと、先ほどの症状が
現れて大変なことになります。

特に下半身への血液が問題です。

・心臓から下半身へは流れやすい (重力方向)
・下半身から心臓へは流れにくい (反重力方向)

という関係があるからです。

何も手を打たないでいると
心臓の血液が足らなくなります。
そのときに、心臓の発作が起こるわけです。

では、どのようにして
下半身の血液を心臓へ戻せば良いのか?

それは、

1)脚の筋肉に力を入れる(筋肉の収縮)
2)血管を圧迫される
3)血液が心臓へ向かう

ということを行います。
つまり、脚の筋肉を動かすことで、
血液を心臓へ送り返すのです。
ミルキングアクションと呼びます。

ですから、ジョギング後に脚をスグに
止めるのではなく、心臓に血液が戻るように
速度を落として運動を続けるのです。

これをクールダウンといいます。(整理体操)

ジョギングのためのクールダウン
1)ジョギング後、すぐにウォーキングを3〜5分間
2)ストレッチ体操で筋肉をほぐす(5〜10分)
3)深呼吸で身体を整える (1分)

このの手順で、クールダウンを行えば
身体の負担が軽くなり、血液が心臓へ戻っていきます。

クールダウンのコツは、動作を少しずつ、ゆるめていく
このことをしっかりと、覚えておいてください。
あなたの心臓を守るためです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴26年、健康運動指導士、介護予防運動トレーナー、パーソナルジム「どこでもフィット」運営(大阪市阿倍野区)。
40歳からの体のお悩みに特化した個人指導、分かりやすい指導法で定評があり、年間レッスン数は1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。出版社より30作品を超えるDVDを監修。
また、YouTubeでは登録者数1万人超、再生回数900万回超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 腰痛予防、猫背改善、柔軟性アップに!フォームローラーの使い方 疲労回復マニュアル

  • 日本最大のスポーツ&健康産業展示会!スポルテック2018、ヘルス&フィットネスジャパン 東京ビッグサイト

  • 前脛骨筋!足首の疲労回復、むくみ解消、脚のリフレッシュに!前脛骨筋の足首ストレッチ体操【永久保存版】

  • 腰痛体操、若返り健康体操の講師を務めました!平和堂ほけんあるプラス(大阪府寝屋川市)2018年6月25日

関連記事

  • ランナー必見!スポーツ前のストレッチで気をつけること

  • ちょこっとランでヒップアップ!足腰が強く!キレイな姿勢フォームに!坂道ダッシュトレーニング法

  • 短時間でシェイプアップ、筋力アップする自宅エクササイズを試してみませんか?