ジョギングをスグに止めてはいけない理由

ジョギング男性

 

今日も、5km走ったぞ~、と
そのまま運動を終わってしまう・・・。
コレ、危険です。

なぜならば、
年齢問わず息がつまる、腕がだるくなるなど
狭心症の症状が現れることがあるからです。

特に血圧が高い方はご注意。

運動中は、血液が心臓から全身に送り出されます。
ジョギングであれば、安静時の2〜3倍の
10〜15リットルくらいが全身に流れます。

しかし、全身に送り出された血液は
心臓に戻ってこないと、先ほどの症状が
現れて大変なことになります。

特に下半身への血液が問題です。

・心臓から下半身へは流れやすい (重力方向)
・下半身から心臓へは流れにくい (反重力方向)

という関係があるからです。

何も手を打たないでいると
心臓の血液が足らなくなります。
そのときに、心臓の発作が起こるわけです。

では、どのようにして
下半身の血液を心臓へ戻せば良いのか?

それは、

1)脚の筋肉に力を入れる(筋肉の収縮)
2)血管を圧迫される
3)血液が心臓へ向かう

ということを行います。
つまり、脚の筋肉を動かすことで、
血液を心臓へ送り返すのです。
ミルキングアクションと呼びます。

ですから、ジョギング後に脚をスグに
止めるのではなく、心臓に血液が戻るように
速度を落として運動を続けるのです。

これをクールダウンといいます。(整理体操)

ジョギングのためのクールダウン
1)ジョギング後、すぐにウォーキングを3〜5分間
2)ストレッチ体操で筋肉をほぐす(5〜10分)
3)深呼吸で身体を整える (1分)

このの手順で、クールダウンを行えば
身体の負担が軽くなり、血液が心臓へ戻っていきます。

クールダウンのコツは、動作を少しずつ、ゆるめていく
このことをしっかりと、覚えておいてください。
あなたの心臓を守るためです。