腰痛で一念発起!榮倉奈々さんに学ぶ自宅トレーニング継続のコツ

こんにちわ!
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

先日、榮倉奈々さんがどのようにして体型維持をしているのか、という雑誌の記事を発見しました。(an・an 5/11号より)

体型維持のコツは、食事のことももちろんのこと、自宅にトレーニンググッズを揃えて、朝出かける前、寝る間際のちょっと時間を活用してトレーニングをされているようです。

そのきっかけとなったのが、仕事の稽古中に腰痛になったことです。昔のように体が動かないと。そこから、プロのトレーナーからトレーニング法、食事法を学び、体得していったというのです。

 

オリジナルの腰痛ストレッチを作る

股関節 大内転筋

 

榮倉奈々さんは、腰痛が1つのきっけかとなり、運動を続けることになったのですね。実は、僕もその一人です。もちろん、トレーニングは20年以上続けているのですが、仕事が忙しくなったこともあり、疲労がピーク → ギックリ腰になりました。

「こんなはずでは・・・」と、はじめは信じられなかったですが、ジワジワを腰の痛みが広がり、動けなくなりました。しまった、ギックリ腰や〜〜。それでも仕事は続けていました ^^;

もうこんな経験は嫌だ! と、自分なりの腰痛克服ための方法を考案しました。

その内容は、

・毎朝の腰痛ストレッチを行うこと
・長時間の座り姿勢のときは(移動、デスクワーク)合間にストレッチ

毎朝の腰痛ストレッチ(小林オリジナル)は、背骨を伸ばすこと、腸腰筋、内転筋、臀部、大腿四頭筋の柔軟性を高めることを重点に置いた方法です。たったこれだけを継続することで、腰痛はもとより、日々の腰の張りも激減しました。
 

 

体が運動の効果を覚えれば続く

肩こりストレッチ 女性

 
榮倉奈々さんの記事を読んで感じたことは、体を変えて行こうとする気持ちが、人の行動を変える。その行動で体に変化が起これば、自然に自分の習慣となって身につくことができるということです。

また、榮倉奈々さんが大切にしていることは、マイペース運動。決して無理をせずに続けられることを優先する。この言葉に惹かれました。

トレーニング継続のコツはここにあると思うのです。

僕のジムの場合、週1回のトレーニングする日を決めておいて、個人レッスンをします。と言いつつも、お客様からは、「今週は週2回にしたい」と追加レッスンのリクエストをよく頂きます。

それで良いでのです。はじめから、週3回とかで頑張るよりも、まずは週1回レッスンを頑張ってみる!という気持ちです。

ストイックな時期も必要ですが、マイペース運動ができる環境づくり。それが自宅トレーニングでも良いですし、ジム通いでもいいのです。

 
関連記事「筋トレをされる方は必見!」

知らないと損をする!筋トレ成功の7つの法則