大阪・中之島ランチ!パーソナルトレーナー小林、栄養満点のさんま定食を堪能する

こんにちわ!
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

今日は、中之島にある大阪市役所でランチをしました。といいますのも、大阪市役所の地下2階に食堂があるのです。ところが驚き!

以前の食堂とは姿が変わって、「まいどおおきに食堂」さんが入っているではありませんか! 近代的になりました〜。僕は、しばらく戸惑っていました ^_^;

この食堂は、おかず、ごはんを自分で選べます。僕は、さんまの塩焼き、わかめ酢、味噌汁、生卵、ごはん、という魚定食にコーディネイト(笑)にしました。

 

最後に卵かけご飯、これが美味しい!

卵ごはん

 
卵を食べることを習慣にしています。コレステロールが、と心配される方も多いですが・・・。確かに摂りすぎはよくないですね。

卵は、ビタミンC以外の栄養素がすべて含まれている完全栄養食と言われています。生命力を持った食べ物と僕は言っていて、筋肉づくり、体力づくりのためにも、良質のタンパク質源である卵を食べるようにしています。

食事の最後の〆として、卵かけご飯にして食べるのが、最高に美味しいです。ちょこっとの醤油をかけて。あ〜食べた〜、と満足感に浸れます。

 

何でもバランスが大切

肘 上腕二頭筋

 
よくテレビで、「●●は身体に良い!」と紹介されるとブームになります。反対に「●●は身体に良くない」と紹介されると、敬遠されることがあります。いつも「う〜ん、果たしてそうなのだろうか?」と疑問を持っています。

なぜならば、バランスが重要ではないか?と思うからです。

運動でも、ジョギングばかりをしていて、筋肉をストレッチしないと、膝を痛めることがよくあります。筋トレにしても、胸を鍛えるベンチプレスばかりをしていると、肩を痛めることがよくあります。(上腕二頭筋長頭腱炎)

栄養士さんからよく聞く、和食こそバランスの取れた食事!と。一度、和食は身体にどんな影響を及ぼすのか?を科学的なデータを元にメディアで取り上げてもらいたいです。きっと、驚きの効果が!となると思うのです。

僕は、この栄養のバランスが取れる和食を愛する一人です。