1. TOP
  2. 40才からのフィットネス
  3. 姿勢改善法
  4. 姿勢改善トレーニング!筋肉の裏表(拮抗筋)を考えた筋トレ、ストレッチの仕方とは

姿勢改善トレーニング!筋肉の裏表(拮抗筋)を考えた筋トレ、ストレッチの仕方とは

こんにちわ!
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

長年の日常生活で、左右どちらかの足に負担がかかっていたり、歩くたびに膝が曲がり太ももの筋肉に負担がかかっていることがあります。負担をかけている筋肉には、休みことなく力を出している(筋肉の収縮)ので、筋肉に疲労が蓄積して、筋肉が硬くなります。

そうなりますと、姿勢の歪み、腰痛、膝痛になったりします。姿勢改善のトレーニングでは、その原因となっている硬くなった筋肉を優先し、ストレッチやストレッチポールなどで筋肉をほぐします。

 

なぜ、硬くなっている筋肉を優先してほぐす必要があるのか?

肘 上腕二頭筋
腕の筋肉には、表側の筋肉(力こぶ、上腕二頭筋)と裏側の筋肉(上腕三頭筋)があります。お互いの筋肉に何も問題がなければ、肘の曲げ伸ばしの関節運動はスムーズにできます。

しかし、表側の筋肉(上腕二頭筋)が使いすぎて硬くなっていたら、どうなりますか?

肘を曲げることができても、伸ばすことが難しくなりますよね。つまり、筋肉が硬くなる → 関節の動きが制限(柔軟性の低下) となるのです。

この状態で筋トレをしても、限定された範囲でしか関節運動ができません。筋トレの効果も期待できないことが容易に想像できます。

また、硬くなった筋肉と反対にある筋肉は、「弱くなり」「たるみやすい」傾向にあります。引き締まった筋肉をつくるためにも、身体の柔軟性は重要です。

そのため、硬くなった筋肉を先にほぐしておいて、関節運動をスムーズにさせておくのです。そのあとに筋トレで鍛えると、効果抜群という訳です。

この筋肉の表の裏の関係を「拮抗筋(きっこうきん)」と言います。

 

腸腰筋(太もも付け根)を伸ばし→大臀筋(お尻)を鍛える 拮抗筋

股関節 大腰筋

股関節 大臀筋
姿勢改善の代表的なトレーニング法を紹介します。腰痛の原因となる腸腰筋(太ももの付け根)をストレッチして、その後に拮抗筋である大臀筋(お尻の筋肉)を鍛えます。

このことで、腸腰筋の柔軟性、お尻の引き締め、腰痛予防、姿勢の改善が期待できます。

 

Step1 腸腰筋の柔軟性を高めるストレッチの仕方

 

Step2 大臀筋を鍛える筋トレ バックランジ

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴26年、健康運動指導士、介護予防運動トレーナー、パーソナルジム「どこでもフィット」運営(大阪市阿倍野区)。
40歳からの体のお悩みに特化した個人指導、分かりやすい指導法で定評があり、年間レッスン数は1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。出版社より30作品を超えるDVDを監修。
また、YouTubeでは登録者数1万人超、再生回数900万回超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 腰痛予防、猫背改善、柔軟性アップに!フォームローラーの使い方 疲労回復マニュアル

  • 日本最大のスポーツ&健康産業展示会!スポルテック2018、ヘルス&フィットネスジャパン 東京ビッグサイト

  • 前脛骨筋!足首の疲労回復、むくみ解消、脚のリフレッシュに!前脛骨筋の足首ストレッチ体操【永久保存版】

  • 腰痛体操、若返り健康体操の講師を務めました!平和堂ほけんあるプラス(大阪府寝屋川市)2018年6月25日

関連記事

  • 腰痛改善!姿勢から見た腰痛タイプと予防改善のためのストレッチ、筋トレとは?

  • メディア出演!読売テレビ「ten.」腰痛、肩こりの原因は座り姿勢?今日から始めたい正しい座り方 パーソナルトレーナー小林素明出演

  • 姿勢美人、肩こり解消に効く!座りながらできる肩甲骨グルグル血行促進ストレッチ体操

  • あなたの座り姿勢は大丈夫? 良い座り姿勢、悪い座り姿勢

  • 股関節を強く、柔軟にしたい方へ!ブレない体幹筋トレ「サイドランジ」 トランポリンスポーツ指導  

  • 姿勢改善!腰が弱いから腰痛?失敗しない筋トレ、ストレッチの個別トレーニングメニュー