1. TOP
  2. 医療と運動
  3. AED 自動体外式除細動器を導入しました!大阪パーソナルジム どこでもフィットネス

AED 自動体外式除細動器を導入しました!大阪パーソナルジム どこでもフィットネス

こんにちわ!
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

本日、我がパーソナルトレーニングジム「どこでもフィット」にAED(自動体外式除細動器)を導入いたしました。

昨年の大阪マラソンでも、AEDが3台稼働し、3名の命が救われました。このようにスポーツ現場では、スポーツをする方の命を救う医療機器として、大活躍しています。性能もかなり優れています。

AEDが到着後、操作方法を確認しました。ご存知の方も多いかと思いますが、AEDのパッドの貼り方など、すべて音声で手順を説明してくれます。

緊急のときは、慌てていますから、音声で手順を知らせてくれると、落ち着いて操作ができます。

 

AEDが必要な理由とは?

AED 自動体外式除細動器3
このAEDは、心肺を蘇生するための医療器具です。万が一、呼吸停止の状態になったときには、いち早く蘇生が必要です。

その理由は、呼吸停止からの生存率の低さにあるからです。

心肺停止から1〜3分までに心肺蘇生を行えば、75%の生存率があります。しかし、心肺停止から4分で50%の生存率、5分経過で25%と、急激に生存率が下がるからです。(ドリンカーの生存曲線より)

また、119番通報から救急車の到着までの時間が、全国平均8.5分となっています。(平成26年版 救急・救助の現況 総務省消防庁より)

そのため、救急車の到着までの時間(8.5分)までに心肺蘇生を行わないと、生存が絶望的になります。

そこで活躍するのが、AEDなのです。

 

AEDのメンテナンス

AED 自動体外式除細動器2
AEDは、バッテリー、パッドなど消耗品のメンテナンスが必要です。我が、どこでもフィットのジムでは、SECOMさんとのメンテナンス契約をいたしました。

万が一の作動のときに不具合がないようにと考えました。

 
●お勧めしたい記事

イチロー選手から学ぶ、40代のフィットネス成功のコツとは?

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴26年、健康運動指導士、介護予防運動トレーナー、パーソナルジム「どこでもフィット」運営(大阪市阿倍野区)。
40歳からの体のお悩みに特化した個人指導、分かりやすい指導法で定評があり、年間レッスン数は1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。出版社より30作品を超えるDVDを監修。
また、YouTubeでは登録者数1万人超、再生回数900万回超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 腰痛予防、猫背改善、柔軟性アップに!フォームローラーの使い方 疲労回復マニュアル

  • 日本最大のスポーツ&健康産業展示会!スポルテック2018、ヘルス&フィットネスジャパン 東京ビッグサイト

  • 前脛骨筋!足首の疲労回復、むくみ解消、脚のリフレッシュに!前脛骨筋の足首ストレッチ体操【永久保存版】

  • 腰痛体操、若返り健康体操の講師を務めました!平和堂ほけんあるプラス(大阪府寝屋川市)2018年6月25日

関連記事

  • 上級救命講習!AED、胸骨圧迫、人工呼吸など心肺蘇生、応急手当を学ぶパーソナルトレーナー小林

  • 柔整・鍼灸整骨院!大阪で治療器、トレーニング、業務支援の展示イベント、いつき会 2017年1月22日

  • 関西医科大学健康科学センター地域医療連携会に参加!AED、心理

  • 病院で運動しなさい!と言われたとき、ジムトレーニングはできるのか?