1. TOP
  2. 40才からのフィットネス
  3. 姿勢改善法
  4. 姿勢美人、肩こり解消に効く!座りながらできる肩甲骨グルグル血行促進ストレッチ体操

姿勢美人、肩こり解消に効く!座りながらできる肩甲骨グルグル血行促進ストレッチ体操

昨日は、ラジオ出演いたしました。ゆめのたね放送局というインターネットラジオです。こちらの放送局のキャッチが良いです。

ご縁・応援・貢献 人の夢を応援するラジオ!

このキャッチそのままの放送局で、スタッフの方だけでなく、パーソナリティーの方もハートが温かいです。気持ちよい空気が流れています。

僕が出演する「ナチュライフ エアライン」という番組で、
4月の木曜日 22:30~23:00 毎週登場します!
●4月7日・14日・21日・28日  

ぜひチェックしてくださいね。めちゃ、喋っています。^_^;

●こちらから視聴できます。
4月の木曜日 22:30~23:00
↓  ↓  ↓
http://www.yumenotane.jp/west-thu

 

一発解消!肩こりスッキリのエクササイズ

出演したラジオ番組の中で、パーソナリティーのチャコさんとアリスさんから「その場でできる、肩こり解消のエクササイズ」のリクエストがありました。

ネタバレですが・・・、紹介します。

<方法>

1 背すじを伸ばして、座ります(立ち姿勢でも良いです)

2 指先を伸ばして、両手を天井に伸ばします

3 肩が伸びているのを感じてください

4 息を吸いながら、肘を曲げて脇を締めます → このとき左右の肩甲骨が、近づきます

5 息を吐きながら、両手を天井に伸ばします

6 2〜5を「ゆっくり」15回繰り返します

ポイント
・常に背すじは伸ばしておいてください
・肩甲骨が動いているのを感じます

 

デスクワーク中にも肩こり解消エクササイズで姿勢美人

肩 僧帽筋

 
この肩こり解消エクササイズは、運動不足になっている肩甲骨まわりの筋肉(僧帽筋など)を動かしながらのストレッチで、血行促進、肩こり解消、姿勢の改善、肩甲骨の柔軟性アップという効果が!

ズバリ、肩こりというのは、肩甲骨まわりの筋肉が運動不足状態になっているのです。ですから、筋肉が硬くなり、血行不良、筋力が弱るという悪循環になります。

その悪循環を断ち切るために、肩甲骨まわりの筋肉をしっかりと動かして、血液がしっかりと流れるようになり、肩の凝りがスカッと解放されていきます。

紹介した肩こりエクササイズは、肩の柔軟性もアップしますから、四十肩や五十肩の解消にも役立ちますし、姿勢の改善効果によって、脳のリフレッシュ、仕事や家事の効率も倍増します!!

起床時にやれば、1日が楽しくなります。就寝前にやれば、よく眠れるようになります。

 
お勧めの記事

姿勢改善、骨格矯正の筋トレ!3つの黄金のルールとは


 

\ SNSでシェアしよう! /

大阪ジム 大人のパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大阪ジム 大人のパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴25年、健康運動指導士、パーソナルトレーナー。40歳からの個人指導、腰痛、肩こり、姿勢改善に効き目のある革新的な指導法で定評があり、自身の個人指導レッスン数は年間1200本を超える。

毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。また、YouTubeチャンネルは、再生回数660万回超、登録者数8600名超の人気チャンネルとなっている。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 読売テレビ「ten.」に出演!腰痛、肩こりの原因は座り姿勢?今日から始めたい正しい座り方

  • メディア掲載!クライミングやボルダリング、体幹に効果的な「指の鍛え方」 2017年10月

  • 姿勢、歩き方の改善法!実録、シューズの踵の磨り減り方でわかる体の歪み、関節の痛み

  • メディアも注目!SPORTEC2017 日本最大のスポーツ・健康産業総合展 東京ビッグサイト

関連記事

  • 3分間運動メニュー 綺麗な姿勢を保つための筋トレ、ストレッチ 動画レッスン

  • 男前度、美人度を加速!姿勢・体型スタイル矯正ストレッチのやり方

  • 姿勢改善トレーニング!筋肉の裏表(拮抗筋)を考えた筋トレ、ストレッチの仕方とは

  • 肩こり解消にランニング(有酸素運動)が良い筋肉づくりに効果的な3つの理由

  • 「いつも片方の足が疲れる・・・」と感じる理由とは?

  • 肩こりを繰り返さない!身体のコンディショニング講座