私には「腹筋がない」と思っていませんか?1分でできるカンタン腹筋で解消 パーソナルトレーニングの指導現場より

女性 お腹 ウエスト メジャー

 
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

はじめてお越しになるお客様に、「では、今から腹筋運動をします。」と案内をしますと、「私、腹筋(筋力)ないんです」と言われることがあります。

腹筋運動は、誤解の多い筋トレのひとつです。それは何かと言いますと、腹筋は床に寝て、身体を起こさないといけないという誤解です。

腹筋の筋力がないわけではなく、対象となる腹筋の方法が適切ではないのです。

この腹筋運動の方法そのものは、間違いではないのですが、腹筋よりも太ももの付け根の腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉に効いてしまいます。そして、腰の負担も大きいので、大人からの運動トレーニングには適していません。

腰を痛めない腹筋トレーニング法もご覧ください

この腹筋運動の誤解をしているがために、老化で筋力の衰えが著しい腹筋をトレーニングする機会を逃しているのです。

では、どうすれば良いのか?です。これには、腹筋の構造を知ることで、理解が深まります。

 

腹筋の構造を知る!やさしい腹筋の解剖学

体幹 腹直筋

 
お腹に手を当てて触れられる腹筋。これは腹直筋(ふくちょくきん)と言いまして、胸の付近にある剣状突起から、お臍よりも下方にある恥骨結合まで繋がっている筋肉です。かなり長い筋肉であることを、イラスト解剖図をご覧いただき、確認をしておいてください。

この長〜い筋肉である腹直筋を鍛えるには、筋肉が付着している場所どうしを近づけることで、筋肉が収縮(力が入る状態)します。

その方法は、

「みぞおち」と「おへそ」の距離を縮めるだけなのです。

この動作を仰向けになって行います。これを腹筋トレーニング法の1つである「クランチ」と言います。

 

1分間でカンタン腹筋トレーニングの基礎「クランチ」を学ぶ

クランチは、身体を起こす必要はありません。ほんの少しの動作で、かなり腹筋が効くようになります。では、始めましょう!

クランチ(腹筋トレーニングの基礎)

1 仰向けになり、膝を曲げておきます

2 両手を頭の後ろに添えておきます(手を組まないようにします)

3 息を吐きながら、膝を覗き込むようにして、腹筋に力を入れます

4 このときに「みぞおち」と「おへそ」の距離を縮めるようなイメージ

5 息を吸いながら、元の位置に戻ります

回数は、10回。慣れてきたら15回
セット数 1セット  お腹を凹めたい人は 2セット

 
【 本格的に腹筋を鍛えるならパーソナルトレーニング大阪 どこでもフィット 】