トレーニングジムには体力のある人がジム通いをしている、と思っていませんか?

ジム1

 
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

運動を始めようと思われている方で、「私にジムの運動ができるかしら?」とお悩みを抱えている方が多いです。

トレーニングジムで、どんな運動をするのか?は、体験を通じてでないと分かりませよね。ましてや、学生以来、運動らしい運動をしていない場合は、もっと不安を感じるはずです。

また、トレーニングジムに通っている方のトレーニング姿を見ていると、体格も良さそうですし、昔からスポーツをやっているようにも見えます。

思わず、「私にはできないかも」と、つぶやいてしまします。

 

大人になってからの正しいトレーニングの仕方

 
トレーニングジムでは、体力アップのために、筋トレやストレッチをするわけですが、体力があろうとなかろうと、トレーニングフォームを身に付けるところから始めます。

トレーニングフォームとは、いわば「型」です。正しい姿勢で決まった方向に関節を動かすのです。

「型」というくらいですから、普遍性があるのです。それは何かと言いますと、背筋(背中)を伸ばしておくことです。この背筋を伸ばすというのは、どのトレーニング種目のフォームでも共通ですし、運動の基本となります。

この背筋を伸ばすカンタンな方法があります。
 ↓  ↓  ↓

それは、片手をクルッと腰に回し、床と平行になるように腕を伸ばすだけです。肘は90度に曲げます。

どうですか? ピンと背筋が伸びませんか? この姿勢を保ちながら、トレーニングを行うのです。カンタンでしょ?

反り腰(姿勢)の方はご注意ください。

 

正しいトレーニング姿勢で筋トレ

あとは、脚の筋トレをしたい場合には、スクワット運動、しゃがみ込みトレーニングを行います。そのしゃがみ込むときに、先ほどの「背筋ピン!」姿勢を保ちながら、筋トレをするのです。

これって、別に体力がある、ないに関係はないのですよ。どんな人でもフォームは同じ。違うとすれば、筋トレの重量が重い、回数が多いの2つくらいです。

他の人が、何キロの重りでスクワットをしているかどうかは、自身のトレーニングには、あまり関係のないことなのです。

あくまでも、あなたの筋力(体力)でできる筋トレを行うことが大切です。トレーニングフォームさえ、ちゃんとしていれば、どなたでも徐々に体力アップします。

 

3ヶ月もすれば、あなたもカッコ良くトレーニングをこなせます

ベンチプレス女性

 
ジム通いを始めるときには、3ヶ月は続ける!と決意してみてください。とくかく、3ヶ月もすれば、先ほどの「型」が身につきます。

トレーニングジムには必ず、全身を映し出すミラーがあります。そのミラーを見ながら、運動中のトレーニングフォーム(型)を常に意識します。背すじをピンと!ですよ。

このことだけでも、綺麗なトレーニングフォームに変化して、体幹のインナーマッスル(多裂筋、腹横筋など)に力が入ります。この体幹のインナーマッスルは、姿勢をまっすぐに維持してくれる筋肉です。

まずは、3ヶ月でトレーニング姿勢を身に付ける!その後に、重さや回数を増やしたり、運動のバリェーションを身につけます。