1. TOP
  2. 40才からのフィットネス
  3. なぜ、ハイキングの帰りには「ロープウェイ」に乗った方が良いのか?

なぜ、ハイキングの帰りには「ロープウェイ」に乗った方が良いのか?

プリント
大阪のパーソナルトレーナー小林素明です。

「下(くだ)りばっかり、10kmやったら楽やのになぁ〜」と、僕が通うジムの更衣室で、こんな会話が耳に入りました。

どうやら、マラソン大会出場にするか、しないか? の会話のようです。

確かに下り坂って、重力で自然に体が前進しそうな気がしますよね。しかし、実際は違います。下り坂の方が、スタミナを消耗します。

 

下り坂で筋肉にブレーキ!で疲労が蓄積

all
緩やかな下り坂だと気がつきませんが、階段の3段分から飛び降りるときはどうでしょうか?

転倒しないようにと、足の筋肉(主に太もも前面の大腿四頭筋)で踏ん張りませんか。

 

下り坂がずっと続くということは、この足の筋肉の踏ん張りがずっと続くのです。

筋肉にブレーキをかけながら、走るという感じです。

とても、長くは走れない!と思いますよね。

そうなんです、平坦な道の方が、踏ん張りがない分、体の負担は少ないのです。

実際、この踏ん張りは、エキセントリック収縮といって、筋肉が伸ばされて力を発揮する仕方です。

このエキセントリック収縮こそが、筋肉痛の正体だと言われていて、筋肉にかかる負担が大きいのです。

ですから、下り坂は筋肉の疲労が溜まりやすい!と言えます。

下り坂に強くなる!忍者スクワットトレーニング

 

ハイキングでは帰りでロープウェイを使うが正解!

ロープウェイ0314
ハイキングで行きは山に登っていきますので、上り坂。

ハイキングの帰りは山を下りますので、下り坂。

どうしても、上り坂で楽をしたいと思いがちですが、違いますね。

筋肉のエキセントリック収縮である下り坂をショートカットすることが、翌日の筋肉痛を回避します。

ということは、ハイキングの帰りにロープウェイやバスを使って帰る。これが正解です。

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴26年、健康運動指導士、介護予防運動トレーナー、パーソナルジム「どこでもフィット」運営(大阪市阿倍野区)。
40歳からの体のお悩みに特化した個人指導、分かりやすい指導法で定評があり、年間レッスン数は1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。出版社より30作品を超えるDVDを監修。
また、YouTubeでは登録者数1万人超、再生回数900万回超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【期間限定】ゴルフ タイガーウッズも悩んだ腰痛の対策法とは?/ 9月24日 小林素明のメールマガジン

  • なぜ心肺蘇生法とAEDの一次救急処置が必要なのか?大阪の救急救命講習に参加、2015ガイドラインより

  • テレビ出演!家事をしながらできる3つの簡単エクササイズ、サンテレビ「4時!キャッチ」でエプロン姿に!

  • 腰痛予防、猫背改善、柔軟性アップに!フォームローラーの使い方 疲労回復マニュアル

関連記事

  • パーソナルトレーニグ!の個人レッスンで覚えたことをご家族の方もどうぞ

  • トルネード投法!野茂英雄の強さの秘密とセクシーウォーク

  • 正しい筋肉の鍛え方!あなたのトレーニングの効果がアップする「掛け算の法則」

  • あなたの物忘れはいつから始まったのか? 

  • トレーニングジムには体力のある人がジム通いをしている、と思っていませんか?

  • トレーニングは40歳から!まだまだ頑張るメジャーリガーが証明