正しい筋肉の鍛え方!あなたのトレーニングの効果がアップする「掛け算の法則」

パソコン砂時計800

 
大阪のパーソナルトレーナー小林素明です。

「味の素」は、社員さんの所定労働時間を1日あたり20分短縮すると、発表しました。

この20分の短縮は、年間にしますと「80時間」の削減となるそうです。

思い切ったことをされましたね〜。社員さんとしては、80時間分の時間に余裕が生まれるわけですから。

僕にもサラリーマン時代がありましたので、味の素の社員さんは、今からワクワクしていることでしょう。

 

トレーニングも同じようなことが言えます。

600養成2

 
僕のパーソナルジムでは、週1回の個人トレーニングで、1回55分間のレッスンです。

年間にしますと、44時間のトレーニング時間となります。(月4回×12ヶ月)

味の素の社員さんは、僕のトレーニングを受講しても、まだ36時間余りますね。(笑) あ〜、でも移動時間がありますから、80時間のトントンくらいになるかもですね。

トレーニングって、積み重ねなのです。1日たくさん、筋トレをしたからといって、筋肉がたくさん付くわけではありません。

筋肉は、筋肉を疲労させて → 筋肉の回復 を何度も繰り返し、発達します。

この過程の繰り返し回数が多いほど、トレーニングの効果が高まるのです。

これをトレーニング掛け算の法則と呼びます。大人の筋トレの法則

 

まず、5分間のエクササイズから!

バランスボール女性 800

 

トレーニングの習慣を身につけるときに気をつけることは、「やり過ぎ」を回避することです。

・雑誌に書いてあったから
・他の人がやっているから

という理由で、1回に30分以上のトレーニングを始めたりすることがあります。

10代の頃のように元気で、疲労回復も早ければ問題ありません。しかし、30歳を過ぎると、さすがに10代の頃のようにはいきません。

小林がお勧めしたいのは、5分間のエクササイズです。これは、お客様にも同じように勧めています。

たった5分間でも、休憩を入れても3〜4セットの筋トレができるのです。
 

もし、5分間を週3回行った場合、

5(分間) × 3(回/週) × 48(週間) = 720分

つまり、12時間の筋トレができることになります。

いかがですか? やってみたいと思いませんか?

ここで5分間エクササイズの例を紹介します!

 

5分間エクササイズ 動画レッスン

▲スクワット運動 (15回 1セット)

 

▲ラットプルダウン (15回 1セット)

 

▲腹筋トレーニング クランチ (10〜20回 1セット)