ストレッチポール!姿勢改善のマル秘テクニックを学ぶ

姿勢改善モデル2016

 
大阪のパーソナルトレーナー 小林です。

姿勢改善で行うべきこと。それは、力を入れる鍛え方よりも、脱力しながら鍛える方法を選択することです。

なぜならば、姿勢の歪みというのは、

・不良姿勢が習慣になっていたり
・特定の方向への関節運動

が原因となって、筋肉がねじれて硬くなっていることが多いからです。

ですから、トレーニングを開始する前には、筋肉のねじれを解消して、姿勢を正すことが最良の方法です。

 

体の歪み改善には、ストレッチポール

筋肉のねじれをいち早く解消するには、全身の力を抜くことができるストレッチポールをお勧めします。

ストレッチポールの上に仰向けになり、ユラユラと揺れるだけなのです。このユラユラ感が、背中に心地よい刺激となり、リラクゼーションを促します。

ここからが重要なのですが、腕の力を抜いておいてください。

よくあるパターンとして、体が床に落ちるのではないかと、手のひらで床を押さえつけてしまうことです。

手のひらで、床に押すと腕に力が入るだけでなく、胸を自然に開く「猫背解消効果」が半減します。

 

手のひらは上、これがミソ!

ストレッチポール2016 手のひら上

 
姿勢改善のためのストレッチポールでは、必ず手の平を上に向けておきます。(はじめのうちは、手のひらを下でも構いません)

そうしますと、猫背解消だけでなく、肩こり解消効果も期待できますよ。

何よりも、ストレッチポールの後は、背筋がピンと伸びますので、身長が伸びたような気持ちになります。

良い姿勢を整えてから、筋肉を鍛える筋トレを行うと、関節がスムーズに動きますし、鍛えたい筋肉にも、いつも以上に効かせることができます。

紹介するストレッチポールは、1分間を目安に行ってください。

まず、ねじれた筋肉を元に戻すこと。これが大人のフィットネスには必要です。

動画レッスンでお試しくださいね!