1. TOP
  2. 40才からのフィットネス
  3. 筋トレ!絶対に見逃せない、トレーニング中の姿勢1つで変化する効果とは?

筋トレ!絶対に見逃せない、トレーニング中の姿勢1つで変化する効果とは?

ジム1

 
大阪のパーソナルトレーナー 小林素明です。

パーソナルトレーニングの指導をしているときに、気をつけていることがあります。それは、座ってトレーニングをしているときの姿勢です。

大きく2つに分かれます。

・膝が開きすぎてしまう方(ガニ股)
・膝の開き方が適切である方

です。

膝が開きすぎる方には、男性が多いのが特徴です。

 

膝の位置が変われば、姿勢が良くなる!

座位ボール姿勢 ラットプル

 
結論を言いますと、両膝の位置が適切であり、骨盤の位置も整えば → 姿勢は良くなり、正しい筋肉の鍛え方ができます。

膝が開いた状態では、骨盤が後方に倒れ(後傾)、背骨が丸く不安定になり、腰に大きな負担がかかります。腹筋にも力が入りにくくなりますので、腰を痛めることも。

一方、膝の位置(開きすぎず、閉じすぎず)が適切な場合、腰のインナーマッスルと言われる、

多裂筋にしっかりと力が入り、腰の保護機能がアップします。

そのため、座って筋トレをしている最中、見た目の姿勢も良くなり、自然に体幹もしっかりと鍛えることができます。

つまり、姿勢を整えて筋トレをすれば、

・腰も強くなるし
・良い姿勢をさらに強化(体幹強化)

することができるのです。

それが、座っているときの姿勢を正すだけなのですから・・・。

では、座っているときの両膝の位置を正しくする方法を説明します。

 

まずは、内転筋を意識する

座位ボール姿勢1

 
座っているときの姿勢を正すためには、まず、内転筋に力を入れる練習をします。

1) 背筋を伸ばして、椅子に座ります。
2) ミニボールを膝の間に挟みます。※バスタオルを畳んで、代用もできます。
3) 再度、背筋を伸ばします
4) 目線は前方に向けて、自然呼吸を行います。(30秒間)

※ボールは「軽く」押さえる感じです

いかがでしょうか?

・太ももの内側(内転筋)
・腹筋
・背筋

に力が入ってきませんか?

この姿勢になれるまでは、訓練だと思って1週間は続けることをお勧めします。

普段のデスクワークでの良い姿勢にも役立ちますよ!

 

中年太りを予防! 座って筋トレ ラットプルダウン

 
【 腰痛予防と改善のことならパーソナルトレーニング どこでもフィット 】

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴26年、健康運動指導士、介護予防運動トレーナー、パーソナルジム「どこでもフィット」運営(大阪市阿倍野区)。
40歳からの体のお悩みに特化した個人指導、分かりやすい指導法で定評があり、年間レッスン数は1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。出版社より30作品を超えるDVDを監修。
また、YouTubeでは登録者数1万人超、再生回数900万回超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 前脛骨筋!足首の疲労回復、むくみ解消、脚のリフレッシュに!前脛骨筋の足首ストレッチ体操【永久保存版】

  • 腰痛体操、若返り健康体操の講師を務めました!平和堂ほけんあるプラス(大阪府寝屋川市)2018年6月25日

  • 無料で走れる!腰、膝にやさしい!女性にも安心!大阪森ノ宮キューズモールのエアトラックBASEでランニングしてみた

  • 理想の走りでボルト、カールルイスに!東京大学スポーツ先端科学QOMジムでのトレーニング 2018年

関連記事

  • 正しいウォーキングの仕方って、何から始めたらエエねん!

  • トルネード投法!野茂英雄の強さの秘密とセクシーウォーク

  • 中村アンさんの「美ボディ」づくりに学ぶ!ハードトレと超回復の関係

  • 筋トレをする人が陥りやすい3つの罠

  • 中年太り解消に筋トレが良い理由

  • 腰痛予防法!短時間で一生使える正しい腰痛予防の姿勢、荷物の持ち方をマスターする