1. TOP
  2. 40才からのフィットネス
  3. 器具なし!自宅でカンタン「足首」の柔軟性チェック法

器具なし!自宅でカンタン「足首」の柔軟性チェック法

歩行 ニューバランス

 
足首が硬くなっているがために起こるトラブル。それは、腰痛、膝痛です。

なぜならば、歩行の際の着地で、地面からの衝撃を吸収できず「膝」や「腰」の関節で衝撃を受け止めてしまうからです。

そのため、腰痛や膝痛の原因が足首にあった!ということが、よくあります。足首を柔らかくしておくことは、腰痛や膝痛の予防にも繋がります。

まず、どのくらい足首が硬いのか?を知る必要があります。

器具がなくても、簡単にできる足首の柔軟テストがありますので紹介します。

 

どなたでもカンタン!足首の柔軟テスト

足首柔軟チェック2

足首柔軟チェック1

 

安全な場所で行ってください。

1 腰幅に足を開きます。
2 両手を膝に置いて
3 かかとを床につけたまま【重要】
4 ゆっくりとしゃがみます
5 膝を曲げて、しゃがめたら合格

足首が高い方の場合 → 後ろに転んでしまいますのでご注意ください。

 

動画で再チェック!

 

なぜ足首が硬くなってしまったのか?

このテストは、小学校の体育でやったことのある「屈伸運動」です。もう何十年もやってません!という方も多いのでは。

そのことが原因で、足首が硬くなっているのです。つまり、大人になって【しゃがむ】動作が少なくなってきた!ということです。

とっても簡単な方法ですが、足首が硬い方の場合、しゃがんだ時に後ろに転んでしまいます。

理想は、背中を伸ばして、しゃがめることです。人と会話できる余裕があれば、最高です。

 

番外編!足首の柔らかさの測定2

足首 正常可動範囲

 
すべての関節には、正常可動範囲というものがあります。関節の標準的な柔軟度と言っても良いでしょう。

足首の場合、曲げたときの正常可動範囲は「20度」とされています。(背屈) 

この20度以下の場合、関節が硬くなっていると判定されます。

 
 
腰痛、膝痛予防改善の動画セミナー700

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代からのパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴26年、健康運動指導士、介護予防運動トレーナー、パーソナルジム「どこでもフィット」運営(大阪市阿倍野区)。
40歳からの体のお悩みに特化した個人指導、分かりやすい指導法で定評があり、年間レッスン数は1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。出版社より30作品を超えるDVDを監修。
また、YouTubeでは登録者数1万人超、再生回数900万回超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【期間限定】ゴルフ タイガーウッズも悩んだ腰痛の対策法とは?/ 9月24日 小林素明のメールマガジン

  • なぜ心肺蘇生法とAEDの一次救急処置が必要なのか?大阪の救急救命講習に参加、2015ガイドラインより

  • テレビ出演!家事をしながらできる3つの簡単エクササイズ、サンテレビ「4時!キャッチ」でエプロン姿に!

  • 腰痛予防、猫背改善、柔軟性アップに!フォームローラーの使い方 疲労回復マニュアル

関連記事

  • 朝の目覚めで悩まれているあなたへ

  • 動画で学ぶ!筋トレをマスターするための3つのコツ (筋トレ入門講座)

  • テレビ出演!家事をしながらできる3つの簡単エクササイズ、サンテレビ「4時!キャッチ」でエプロン姿に!

  • パーソナルトレーニングの醍醐味を考えてみた!身体が硬くてお困りの方は必見です

  • 腰痛、膝痛の方にお勧めしたい【足首の柔軟】ストレッチボードの使い方とメリット

  • パーソナルトレーニングは短距離型が良いか?長距離型が良いか? パーソナルジムの選び方