講演講師!脚の老化予防、若く見られる歩き方に!正しいもも上げ筋トレ法 2月8日 いよやかの郷にて(岸和田市)

いよやか指導1

 
先日(2/8)、岸和田の温泉リゾート施設「いよやかの郷」で、10歳若返る!健康体操教室の講師を務めました。毎回、いくつかの体操を皆さんと一緒に行ってます。

今回、一番好評だったのが、正しい「もも上げ筋トレ」のやり方です。もも上げは、日常動作で多くありますし、脚の老化度も一目で分かってしまいます。

何といっても、もも上げ運動を正しく行えば、歩き姿勢がキレイになり、周りから若く見られます。これが若返り!!

 

キレイな歩き姿勢に!正しいもも上げ筋トレ法とは

もも上げ筋トレは、足をあげるだけでは上手にできません。なぜならば、足を上げる前に体重の移動があるからです。

 

正しいもも上げ筋トレの手順
1) 右足に体重を乗せる(体重移動)。背筋は伸ばしておきます。
2) 背筋は伸ばしたまま、左足の太ももを上げる (もも上げ)
3) 左足の太ももを上げたまま、3秒間静止
4) 足をゆっくり降ろす

 

大切なことは、1番の体重移動です。支えとなる足に体重を少し移動したのちに、太ももを上げる。この方法であれば、キレイな姿勢でもも上げ筋トレが行えるのです。

いきなり、太ももを上げようとするので

・体が後ろに反る (腰を痛める)
・膝が曲る (姿勢が悪い)
・まっすぐに立てない

と、間違った「もも上げ筋トレ」になるのです。

まずは、体重移動なのです。それから、太ももを上げるようにすると、スッと足があがり、姿勢も美しくなります。

この正しい「もも上げ筋トレ」の手順で行いましたら、多くの受講者の方が、背筋がピンと伸びたキレイな姿勢に変化しました。大切なのは、筋トレの手順! これです。

 
その正しい「もも上げ筋トレ」の実際のレッスン風景も撮影しましたので、ぜひお試しくださいませ。

 
次回の10歳若返りの健康体操(いよやかの郷 岸和田市)
4月18日(月)13:00〜13:45   です。
詳細は、いよやかの郷までお問い合わせくださいませ。