デスクワークをされている方へ「1分間の骨盤運動があなたの腰を守ります」今からできる腰痛予防!

女性 デスクワーク3

 
「教えてもらった体操やってます。そのせいか、最近は腰の調子がいいのですよ〜」と、お客様(女性)から嬉しい報告をいただきました。

ご報告くださったお客様、運動を始めるきっかけは「腰痛解消」。デスクワークが多いとのことでしたので、腰まわりの筋肉をほぐす「1分間の腰痛予防!骨盤エクササイズ」を紹介しました。

・デスクワーク中、30〜60分に 1回

という指示つきです。

そんなに頻繁にしないといけないの?と思われるかも知れません。ところが、座っているときの腰の負担を考えると、頻繁とも言えないのです。

 

座っているとき、ドスンとくる腰の負担

腰の負担は、仰向けで寝ているときが一番少なく、立つ → 座る という順で負担は増します。では、どのくらいの負担がかかっているかと言いますと、
 

・仰向けで寝ているときの「5.5倍」
・立っているときの「1.4倍」

です。座り続けることは、腰には相当な負担がかかっていることが分かりますね。

だからと言って、座るのはいけないのか?というのは間違いです。なぜならば、座ることが問題ではなく、【座りっぱなし】に問題があるからです。

 

腰痛予防は、同じ姿勢を長時間繰り返さないこと

どの姿勢においても腰の負担がゼロになることはなく、長時間、同じ姿勢を繰り返していると、腰には良くありません。

腰に良くない理由は、

1) 同じ姿勢を長時間繰り返す
2) 骨盤は動かずに固定のまま
3) 腰まわりの筋肉の血行不良
4) 筋肉が硬くなる
5) 腰痛になる

という、悪循環に陥るからです。姿勢によって、痛みが現れるのが「早いか、遅いか」の違いがあるだけです。

マッサージや腰痛ストレッチも大切なのですが、腰痛を誘発している原因となる長時間の「座りっぱなし」「立ちっぱなし」を断ち切ることがもっと大切です。

その断ち切る手段が、腰痛予防の骨盤エクササイズなのです。たった1分間でも効果がありますので、ぜひお試しください。

ではレッスン動画を御覧ください!

 
【 腰痛予防のパーソナルトレーニング 】