1. TOP
  2. 40才からのフィットネス
  3. 姿勢改善法
  4. 中村アンさんの「美ボディ」づくりに学ぶ!ハードトレと超回復の関係

中村アンさんの「美ボディ」づくりに学ぶ!ハードトレと超回復の関係

バーベル 女性

 
モデルの中村アンさんが、1年前から始めたという「クロスフィット」の公開トレーニングをしたという記事を読みました。(Yahooニュースより)

「クロスフィット」は、タフなフィットネスと話題で、プレート(重り)を使っり、ジャンプ動作などハードはトレーニングです。中村アンさんは週に1〜2回、このトレーニングで汗を流していたとか。

公開トレーニングのメニューを見てみますと・・・

1) ジャンピングジャック×10回
2) ツイスト(重さ5キロのプレート使用)×10回
3) ロッククライマー×10回
4) プレートランジ(重さ5キロのプレート使用)×10回

この4種目を休憩なしで実施、休息を入れて2セット。これだけでも、ハードさが伝わってきます。

 
1番のジャンピングジャック。しっかりと股関節を開いて行っているようですので、美脚、美姿勢に効果を発揮。4番のプレートランジも良いです。強烈に体幹を鍛えることができます。

まさに美ボディーづくりに焦点を当てたトレーニング法といえます。小林は推薦します。

 

中村アンさんの美ボディを生んだ週1〜2回のハードトレ!

 
経験者は語る!中村アンさんは、1年間のトレーニングの成果をこのように話しています。
 

「肌荒れが治ったし、代謝も上がった。負荷の強いトレーニングですけど、その方が脂肪が燃えやすい体になるし、健康な体になれる」

スポーツナビDoより抜粋

 
注目すべき点は、「負荷の強いトレーニングですけど、その方が脂肪が燃えやすい体になるし、健康な体になれる」です。

そうです。負荷の強いトレーニングをかけることは、肉体改造の最短距離なのです。(もちろん、体力と相談しながらです。) しかも、肌荒れも治ったそうで。運動は美肌効果もありますね。

それと大切なことは、トレーニングは毎日でなくても良いことです。中村アンさんは、週に1〜2回のトレーニングで美ボディを作りあげたのですから。

週に1〜2回で良い理由は、強い負荷を筋肉に与えると筋肉に大きなダメージを受けます。そのダメージの回復に72時間かかると言われていて、その間に筋肉が発達するからです。(超回復理論)

回復が十分でないうちのトレーニングは、単に筋肉を破壊していくだけです。つまり、トレーニングは諸刃の剣。週に1〜2回、集中してトレーニングを行う! ココがキモです。

 
【 大阪で週1回の集中トレーニングができるコース 

 

\ SNSでシェアしよう! /

大阪ジム 大人のパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大阪ジム 大人のパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴25年、健康運動指導士、パーソナルトレーナー。40歳からの個人指導、腰痛、肩こり、姿勢改善に効き目のある革新的な指導法で定評があり、自身の個人指導レッスン数は年間1200本を超える。

毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。また、YouTubeチャンネルは、再生回数660万回超、登録者数8600名超の人気チャンネルとなっている。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 読売テレビ「ten.」に出演!腰痛、肩こりの原因は座り姿勢?今日から始めたい正しい座り方

  • メディア掲載!クライミングやボルダリング、体幹に効果的な「指の鍛え方」 2017年10月

  • 姿勢、歩き方の改善法!実録、シューズの踵の磨り減り方でわかる体の歪み、関節の痛み

  • メディアも注目!SPORTEC2017 日本最大のスポーツ・健康産業総合展 東京ビッグサイト

関連記事

  • 座りながら骨盤の歪み矯正!美姿勢、腰痛予防、ウエスト引締め、運動不足解消、ストレス解消

  • 股関節を強く、柔軟にしたい方へ!ブレない体幹筋トレ「サイドランジ」 トランポリンスポーツ指導  

  • 3分間運動メニュー 綺麗な姿勢を保つための筋トレ、ストレッチ 動画レッスン

  • 股関節の老化予防に!バランスボールで腸腰筋の血行促進

  • 腰痛改善!パーソナルトレーニングの女性会員様のケーススタディ、筋トレとストレッチのジムエクササイズ

  • 大阪パーソナルジム「どこでもフィット」 トレーニング器具、備品の数々 2016年版