アルゼンチンタンゴのダンス発表会!苦手な振り付けを克服する筋トレ法

タンゴ

昨日、ダンスをされているお客様(女性)から、次の発表会で「くるっと回転しながら足を上げる」振り付けが難しいという話題になりました。しかも、ヒールを履きながらなので、つま先立ちが条件とのことです。

小林のレッスンでは、ダンスの振り付けで

・一番辛いと感じるポーズ
・綺麗に魅せたいポーズ
・不足している体力づくり(柔軟性、筋力など)

まずは、これらの克服と完成を目指し、トレーニングメニューを組みます。特に辛いと感じるポーズの克服は重要です。なぜならば、そのポーズに必要な体力を養うことで、踊り全体のパフォーマンスが高くなる可能性が大きいからです。

今回の発表会では、「くるっと回転しながら足を上げる」ことの克服に必要なトレーニングで

・体幹を固定(上半身、骨盤を動かさない)
・つま先立ちになり
・弧を描くように足を上げる

これらの筋力、柔軟性が必要です。

 

体幹を固定しながら、弧を描くように足を上げる

股関節 中臀筋

足を上げながら、体幹を固定するには骨盤の横揺れ防止をしなければなりません。そのために必要なのは、骨盤の横についている中臀筋(ちゅうでんきん)という筋肉で支える必要があります。

筋トレの前に、お尻の横に触れておきます。そうすると、中臀筋に力を入れることができます。これだけのことでも、骨盤の横揺れを防止になります。

 
<方法> 障害物がなくても大丈夫です

ダンス 弧を描く

1)柔らかい筒状の障害物を用意します。(50〜60センチを目安)
2)両手を腰に当てて、背筋を伸ばします。
3)片足で障害物を弧を描くようにして、乗り越えます。
4)元の位置に戻ります
5)体幹を動かさないようにして、5〜10往復します。

※フォームが崩れたら、始めからやり直します
※障害物は柔らかく、倒れやすいもの(安全性)

 

動画レッスンでお試しください。

 
スポーツ体力アップコースはこちら