1. TOP
  2. アルゼンチンタンゴのダンス発表会!苦手な振り付けを克服する筋トレ法

アルゼンチンタンゴのダンス発表会!苦手な振り付けを克服する筋トレ法

タンゴ

昨日、ダンスをされているお客様(女性)から、次の発表会で「くるっと回転しながら足を上げる」振り付けが難しいという話題になりました。しかも、ヒールを履きながらなので、つま先立ちが条件とのことです。

小林のレッスンでは、ダンスの振り付けで

・一番辛いと感じるポーズ
・綺麗に魅せたいポーズ
・不足している体力づくり(柔軟性、筋力など)

まずは、これらの克服と完成を目指し、トレーニングメニューを組みます。特に辛いと感じるポーズの克服は重要です。なぜならば、そのポーズに必要な体力を養うことで、踊り全体のパフォーマンスが高くなる可能性が大きいからです。

今回の発表会では、「くるっと回転しながら足を上げる」ことの克服に必要なトレーニングで

・体幹を固定(上半身、骨盤を動かさない)
・つま先立ちになり
・弧を描くように足を上げる

これらの筋力、柔軟性が必要です。

 

体幹を固定しながら、弧を描くように足を上げる

股関節 中臀筋

足を上げながら、体幹を固定するには骨盤の横揺れ防止をしなければなりません。そのために必要なのは、骨盤の横についている中臀筋(ちゅうでんきん)という筋肉で支える必要があります。

筋トレの前に、お尻の横に触れておきます。そうすると、中臀筋に力を入れることができます。これだけのことでも、骨盤の横揺れを防止になります。

 
<方法> 障害物がなくても大丈夫です

ダンス 弧を描く

1)柔らかい筒状の障害物を用意します。(50〜60センチを目安)
2)両手を腰に当てて、背筋を伸ばします。
3)片足で障害物を弧を描くようにして、乗り越えます。
4)元の位置に戻ります
5)体幹を動かさないようにして、5〜10往復します。

※フォームが崩れたら、始めからやり直します
※障害物は柔らかく、倒れやすいもの(安全性)

 

動画レッスンでお試しください。

 
スポーツ体力アップコースはこちら

 

\ SNSでシェアしよう! /

大阪ジム 大人のパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大阪ジム 大人のパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴25年、健康運動指導士、パーソナルトレーナー。40歳からの個人指導、腰痛、肩こり、姿勢改善に効き目のある革新的な指導法で定評があり、自身の個人指導レッスン数は年間1200本を超える。
毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。また、YouTubeチャンネルは、再生回数660万回超、登録者数8600名超の人気チャンネルとなっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ウォーキングシューズの靴底の磨り減りから分かる!あなたの歩き方フォーム、体の歪み

  • メディアも注目!SPORTEC2017 日本最大のスポーツ・健康産業総合展 東京ビッグサイト

  • NTTドコモ運営サイト「エディトゥール」に掲載されました!ジムで履くシューズの選び方 小林素明メディア出演

  • パーソナルジムに通い始めて腰痛と足の痺れから解放されて歯科医の仕事に復帰できました!

関連記事

  • 女子マラソン!リオ五輪 なぜ福士加代子選手は内定でないのか? 疑問に思う

  • 「いつも片方の足が疲れる・・・」と感じる理由とは?

  • 腰痛にならない腹筋トレーニング!ペットボトルを使った大人の筋トレ法

  • テレビを見ながら簡単!腕のたるみ解消、背骨を伸ばす!二の腕エクササイズ

  • テニスを始めて3年未満の方に知ってほしい!テニス上達のための肩のトレーニング法

  • 脚の老化予防!股関節のインナーマッスルを鍛えてラクラク歩行、良い姿勢に