1. TOP
  2. 40才からのフィットネス
  3. 脚の老化予防!股関節のインナーマッスルを鍛えてラクラク歩行、良い姿勢に

脚の老化予防!股関節のインナーマッスルを鍛えてラクラク歩行、良い姿勢に

マラソン公園

 
加齢とともに股関節まわりの障害が問題になります。1つには、骨盤と繋がっている大腿骨(太ももの骨)の骨頭が変形してしまう変形性股関節症です。

これは、加齢によって骨が弱くなることと、骨が圧迫されて変形してしまうことにあります。しかし、骨の圧迫は生活している以上、体重が股関節にかかってしまうので避けて通ることができません。

 

股関節のインナーマッスルを鍛える理由

股関節まわりの筋肉が弱いと、「関節は緩んでしまい(不安定)」骨の圧迫を強くさせてしまいます。骨の健康のためにも、股関節はしっかりと安定させて、骨の負担を少なくすることが重要です。

その股関節を安定させるのが、股関節の深い場所にあるインナーマッスルです。股関節インナーマッスルは、股関節のサスペンションと呼ばれ、股関節の衝撃を吸収する役割をしています。

まず、鍛えておきたい股関節のインナーマッスルとして、

・腸腰筋(太ももの付け根)
・股関節外旋(がいせん)筋群 (お尻)

です。

この股関節のインナーマッスルを鍛えて、股関節を安定させることで、股関節の「骨の負担」を軽減させることができるのです。

 

股関節の外旋(がいせん)筋を鍛える

股関節の外旋筋というのは、複数の筋肉の総称となっています。

特に鍛えたいのは、内閉鎖筋、外閉鎖筋という「お尻の下」のあたりにあるインナーマッスルです。この筋肉が歩行や階段上りで、しっかと股関節を安定させる役割を担っています。

 
股関節 内閉鎖筋

股関節 外閉鎖筋

 

今回は、寝ながらできる股関節の外旋トレーニングを紹介します。動作は必ずゆっくりと行ってください。

 

股関節の外旋トレーニング

外旋筋トレーニング1
外旋筋トレーニング2

<方法>
1) うつ伏せに寝ます
2) かかとを合わせて、つま先は外側に向けます
3) 息を吐きながら、ゆっくりと片足を真上に10cmあげます。
4) お尻の下が効きます。
5) 息を吸いながら、ゆっくりと元の位置にもどります。
6) 3~5を10回繰り返します
7) 反対側の足も同様に行います

※動作が速くなるとインナーマッスルに効きませんので、ゆっくりと行ってください。
 

動画レッスンでお試しください!

\ SNSでシェアしよう! /

大阪ジム 大人のパーソナルトレーニングどこでもフィット の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大阪ジム 大人のパーソナルトレーニングどこでもフィット の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林素明

運動指導歴25年、健康運動指導士、パーソナルトレーナー。40歳からの個人指導、腰痛、肩こり、姿勢改善に効き目のある革新的な指導法で定評があり、自身の個人指導レッスン数は年間1200本を超える。

毎日放送「ちちんぷいぷい」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多数のメディア出演。また、YouTubeチャンネルは、再生回数660万回超、登録者数8600名超の人気チャンネルとなっている。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 読売テレビ「ten.」に出演!腰痛、肩こりの原因は座り姿勢?今日から始めたい正しい座り方

  • メディア掲載!クライミングやボルダリング、体幹に効果的な「指の鍛え方」 2017年10月

  • 姿勢、歩き方の改善法!実録、シューズの踵の磨り減り方でわかる体の歪み、関節の痛み

  • メディアも注目!SPORTEC2017 日本最大のスポーツ・健康産業総合展 東京ビッグサイト

関連記事

  • 動画で学ぶ!筋トレをマスターするための3つのコツ (筋トレ入門講座)

  • 「いつも片方の足が疲れる・・・」と感じる理由とは?

  • アルゼンチンタンゴのダンス発表会!苦手な振り付けを克服する筋トレ法

  • 腰痛再発予防!腰痛とサヨナラする、どこでもできて姿勢が良くなる筋トレ法

  • 筋トレを始めて1ヶ月を経過した方へ 筋トレの落とし穴

  • デスクワークストレッチ 腰の疲れを吹き飛ばす方法★イチローストレッチ