講演講師!大阪会場に滋賀、愛知から!パーソナルトレーナー指導者養成セミナー 1月31日 大阪

セミナー2016-012

 
昨日は、パーソナルトレーナー養成セミナーを開催しました。遠くは、愛知、滋賀から、そして整形外科、体操講師、パーソナルトレーナーの方々にお越しくださいました。

セミナーは
・1部 減量のためのサーキットトレーニング(岡敏彦先生)
・2部 パーソナルトレーナーのための顧客定着法(小林)

の2部構成。

 

1部 減量のためのサーキットトレーニング(岡敏彦先生)
セミナー2016-011

 
減量サーキットトレーニングでは、減量に最適な運動強度(60%Vo2max)、体温(38度)を維持するために必要なトレーニング法をトレッドミルを使って実習しました。

また、サーキットで行う筋トレでは、速筋線維を使わず、遅筋線維を使うための方法の実習。ふつうの筋トレでは、速筋線維を使ってしまいますので、減量に限って言えば不利。遅筋線維を使った筋トレで効果をあげます。

実際に岡先生が、減量指導で成功されたクライアントの方の事例が説得力を増しました。

 

2部のパーソナルトレーナーのための顧客定着法
セミナー2016-013

 
トレーニング指導を1回きりで終わらせないために必要なパーソナルトレーナーのためのマーケティング法を話しました。

まず、そもそもサービスが正しいものか?の精査が必要です。広告のタイトルと違うことをして、お客様をガッカリさせていないか?など。

そして、お客様に通い続けていただくためには、通う理由が必要です。思わず行きたくなるような。運動は健康のために必要です、これでは長続きしません。お客様が運動するメリット、目標に近づく道のりを「より具体的」にお伝えすることが重要です。

 

ここで参加者の声をお聞きください。

 

1部 減量のためのサーキットトレーニング(岡敏彦先生)

サーキットトレーニングの考え方が分かりました。
★40代/男性 鍼灸整骨院

自分の働いているお店でもサーキットを役立てたい。
★20代/男性 パーソナルトレーナー

分かりやすく実践を交えて、正しいフォームが身についた。
★30代/男性

運動、筋力トレーニングの効果を感じにくい方にも、やりやすい運動方法だったので、やりやすいと思いました。
★20代/男性 指導員

自分の知らなかったメニューを知ることができた。運動を楽しく提供する方法を知ることができた。
★20代/男性 整形外科勤務

 

2部 パーソナルトレーナーのための顧客定着法(小林)

クライアントの希望を上回るインパクト(内容)を与えることが重要だということが分かりました。
★40代/男性 鍼灸整骨院

集客について学びにきたので良かった。固定客が伸び悩んでいたので参考にしたい。
★20代/男性 パーソナルトレーナー

お客様の期待を超えるサービスの手法が分かりました。
★30代/男性

リピートするには理由が必要。情報量をたくさん提供しないといめないというポイントを押さえてやっていこうと思いました。
★20代/男性 指導員

自分の気づかなったポイントを気付くことができた。初回のトレーニングをしっかりと行っていこうと思った。
★20代/男性 整形外科勤務

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。