片言英語で質問をしまくる!アメリカでパーソナルトレーニング受講 体験記

視察 アメリカ③ HC編 LAパーソナル GOLD0005

 

90年代、本場アメリカのトレーニング事情を
身をもって体験するしかない!と決意し
片言英語でマンツーマン指導の
パーソナルトレーニングを受講しました。

複数のスポーツクラブで受講したのですが
この写真は、ロサンゼルスの
スポーツクラブで受講したときのものです。

フロントデスクに行き
「パーソナルトレーニング プリーズ」
と言っていました。

そんな英語で良かったのか?
だいたい通じました。だからOK!
英語の先生、ゴメンなさい。

指導するパーソナルトレーナーは
スポーツクラブに駐在しているわけでなく
自分の指導日だけ現れます。

クラブ内の掲示板に
名刺入れケースをつけて
セールス用の名刺を取れるように
設置しています。

600名刺03

 

600名刺08

600予約名刺

 

日本ではなぜか、あまり名刺ホルダーを
活用していないような気がします。
もったいない!!
※ゴールドジムはやっていますね。

このときにパーソナルトレーニングは
ベーシックなメニューをお願いしました。
全身をまんべんなく鍛えるメニューです。

 
600パーソナル トレカ

 
僕は、指導のスキルアップに必死でしたので、

ことあるごとに「Why?」を連発し
トレーニングの選定理由を聞いていました。

トレーニングよりも、トークの方が
時間が長くなっていました。
多分、午前中にトレーニングをしていたので
きっと筋肉が疲れていたのだと思います。

最後は、記年写真をお願いし
2ショットで誰かに撮影をしてもらいました。

アメリカでの写真はすべて
「写ルンです」を使っていました。
またデジカメが普及していなかったのですね。

31n9Aj5+qXLAmazon販売サイトより転載「写ルンです」